毎回ゲストを「司会者」として迎え、出演者である内村光良(56)とさまぁ~ずの大竹一樹(52)、三村マサカズ(53)を相手に、その場まかせの展開で送る脱力系成り行きバラエティー『内村さまぁ~ず SECOND』のシーズン6が、Amazon Prime Videoで2日よりスタート。今回は前後編に分けて「芸人魂を懸けた本気勝負を挑む令和芸人はしご旅!!」と題して、MCにビビる大木を迎えて、内さまがぺこぱ、宮下草薙、ティモンディ、ゾフィー&ザ・マミィ、ハナコと対決する(後編は16日配信)。

【場面カット】新シーズン初回は、内さまが令和芸人たちと真剣勝負

 今回は、第7世代の令和芸人と内さまの3人が、芸人魂を賭けた本気勝負で「まだまだオジサン達も負けてないぞ!」という所を視聴者に伝えるべく、令和芸人をめぐり勝手に採点。コンビでお互い腹話術人形を持って行う「全ては腹話術に語らせろ!」、5人のマミィ(マダム)が登場し、マミィたちにちなんだお題で大喜利対決する「5人のマミィで大喜利対決」を行ったゾフィーとザ・マミィが取材に応じた。

――内さま新シーズン初回を終えて。

【上田航平(ゾフィー)】本当にここにかけてきたので全力でやらせていただいたんですけど、思ったよりも緊張しているなっていうことに気付いて、そこからはてんてこまいで、気がついたら終わっていました(笑)。あっという間でした。

【サイトウナオキ(ゾフィー)】結果を残せず、本当に悔いが残っております。令和芸人代表という言葉で出させていただいて、ドキドキが止まらないんですけど。でも、楽しかったので、またぜひ。

【林田洋平(ザ・マミィ)】大好きな先輩方とご一緒できて、とても楽しかったですね。前にコンビで出させてもらった時は、スベり散らかした思い出があって、それのギリリベンジになったかなと(笑)。気持ちは敗者のつもりで、何度もリベンジしていきたいです。

【酒井尚(ザ・マミィ)】非常に楽しいお収録でございました。ゾフィーさんとやらせてもらうのも、ありがたい機会でございますし、個人的には、きょう今日で売れたかなって(笑)。本当にかわいがってくれましたね。「変な子だね」みたいな感じで気にかけてくださって。僕みたいな芸は、刺さりきりはしなかったんですけど、ちょんちょんって刺さるっていうか…。こういうのがいっぱいあったので、編集の方、うまくまとめていただけると(笑)。

――それぞれの見どころはどこでしょう?

【上田】僕ら「ちょっとちょっと!」みたいな感じで、席から立ち上がってコメントするっていうことができなかったのですが「きょうは絶対立つぞ」と心に決めていたので、それができてよかったです(笑)。初めて立ったかもしれません。

【サイトウ】僕は、内さまさん大木さんの前で「チェだぜ!」って言えたので、それだけで満足です。それがカットされたら見どころないです。

【林田】僕、最後マダムにも「ビビってんじゃないか?」って指摘されたんですけど、大喜利の答えを書いては消しっていうのを繰り返していましたね(笑)。

【酒井】マミィ大喜利、新しかったんじゃないですかね。僕らの回答に、マミィたちが「そんなのやってないわよ」みたいなことを言われたりして(笑)、めちゃくちゃ面白い企画を用意してくださいました。内村さんの大喜利無双とかも最高でしたね、勉強になることがたくさんあって。

――過去には内さまライブにも出演されていますが、そこから成長を見せられたという気持ちはありますか?

【上田】僕は内さまライブの時、緊張で股をすごく開きすぎてズボンが破れちゃったんです。その下にヒートテックはいていて、笑いになるかなと思ったら、内さまのお3人がかなりびっくりされていて、僕も「へへへ」くらいしか返せなかったので、その時に比べたら、きょうはだいぶ話すことができたかなと(笑)。あの時は何もできなかったので。

【酒井】こういう緊張感ある時は、だいたい萎縮するんですが、途中からエンジンかかってきたというか、一生懸命やれましたよね。数撃ちゃ当たるだろうとか、それができたかなと。

【上田】あんなに数撃ったんだけど、当たらなかったね(笑)。酒井と目を合わせて「いけー!」ってやっていたのに(笑)。

【酒井】工夫とかもしたんですけどね…。でも、そういう数を撃てたっていうことがね。面白くなっている部分もあったんじゃないかなって。よく見たら、けっこう面白かったですよね(笑)?

――コントグループ「コント村」でラジオ『オールナイトニッポン0』をやられたり、テレビの特番をされたりと、新世代のコント師という印象も強いですが。

【林田】今そういう風に言われてすごくうれしかったです(笑)。確かにコントの人って、平場がって言われるので、そこのイメージを払拭したいですね。新世代の流れで一気に…。

――『内さま』出演で、どういったことが刺激になりましたか?

【林田】大喜利とかもそうですけど、まず出すっていうのがすごいなと思いました。スピードが速い。

【サイトウ】本気で遊んでいる感じがして、それがすばらしいですね。

【上田】大竹さんが(腹話術の人形のふくちゃんを)「それいくら?」って聞いてくれたのがうれしかったですね。緊張していることを察してくれたっていう。

【酒井】みなさんがずっとニコニコして見てくださって、だから逆に僕らも「ダメだ」っていう時も出ていけたっていうのがあって。ずっと温かい空気で、ここではスベっても楽しくしてくれるんだっていう空気作りはすばらしいなと思っちゃいました。どうしても変な回答とかしたらピリついたりしがちですけど、ずっと温かいままで、幸せな時間でした(笑)。

――次はどんな企画をやってみたいですか?

【上田】大きな水そうに飛び込むとか、動きで頑張れば評価される世界に挑戦してみたいです(笑)。粉に埋まったり。

【酒井】リアクション芸で対決してみたいですね。マジなやつだと、ロケを生で見たいです(笑)。ロケのお勉強をさせていただきたいですし、ぜいたくなあれですけど、僕らのロケを見て「こうした方がいい」とか言ってくれたら最高だなと。

【林田】もっと僕らのことを知ってもらいたいので、人となりなどがわかるような企画をやってみたいですね。