32歳の若さで突然の死を迎え、映画界に衝撃を与えた伝説のアクションスター、ブルース・リー(1940年11月27日、米サンフランシスコ生まれ)。亡くなった後、各国で公開され大ヒットを記録したアクション映画の最高傑作『燃えよドラゴン』が、リー生誕80年を記念して、彼の誕生日でもある11月27日(金)からディレクターズ・カット版の劇場上映が決定した。

【動画】映画『燃えよドラゴン』特別予告を上映

 1971年、『ドラゴン危機一髪』でリー初の主演を務めて以後、『ドラゴン怒りの鉄拳』、『最後のブルース・リー ドラゴンへの道』に続いて、73年にこの『燃えよドラゴン』が公開。当時、空手、柔道、テコンドーなど世界中の武術の魅力を余すところなく魅せ、リー自身によって演出されたアクションシーンは大ブームとなり、世界中でカンフー旋風を巻き起こした。

 本作は、香港裏社会の支配者ハンに妹を殺された少林寺の高弟リー(ブルース・リー)の復讐劇を描くもの。リーの洗練されたアクションもさることながら、「考えるな、感じろ!」などの言わずと知れた名言もちりばめられている。また、今やアクションスターとして活躍する、若き日のサモ・ハン・キンポーやジャッキー・チェンの姿も見られるのも見どころの一つ。

■公開劇場
新宿ピカデリー、グランドシネマサンシャイン、川崎チネチッタ、大阪ステーションシティシネマ、なんばパークスシネマ、ミッドランドスクエアシネマ、Tジョイ博多、札幌シネマフロンティア