アイドルグループ・乃木坂46の通算26枚目シングル(タイトル未定、来年1月27日発売)の選抜メンバーが、15日深夜放送のテレビ東京系『乃木坂工事中』(毎週日曜 深0:00)で発表され、3期生の山下美月(やました・みづき、21)が初センターを務めることが決定した。

【写真】まいやん卒コンで涙、涙…同期とのハグショットも

 本作は、約9年にわたってグループをけん引したエース・白石麻衣が10月28日に卒業後初のシングル。選抜メンバーは前作から3人減の19人。センターの山下の両隣を同じく3期生の梅澤美波と久保史緒里が固める布陣となった。2016年9月に加入した3期生のセンターは、18thシングル「逃げ水」(17年10月発売)の大園桃子&与田祐希以来、8作ぶり(配信シングル除く)2度目となる。

 初めてセンターに起用された山下は「衝撃的でもあるし、本当に実感がわかないんですけど、これから乃木坂46がどうなっていくかとか、どういうふうに戦ったいくかみたいなのをしっかり考えなきゃいけない時期なので」と胸中を語り、「3期生もいつまでもこのままじゃいけないって、3期生自身が多分一番強く思っていたし、そのときに3期生が隣にいるのは心強い。この期間もお互い支え合っていけたら」と話した。

 また、4期生の田村真佑と清宮レイの2人が初選抜された。田村は涙ぐみながら「自分に飛び抜けてできることがあるかって聞かれると『うーん…』ってなることが多くて。でも、呼んでいただけて、先輩のいいところをもっと吸収して、乃木坂46にもっと貢献できるような人間になろうっていうのが目標です」と抱負を語り、清宮は「選抜というのが夢でもあったし憧れでもあったし一つの目標でもあったので、すごくうれしいです。せっかく選んでいただけたし、自分の色を出しながら存在感を出していけるように頑張ります」と意気込んだ。

■乃木坂46 26thシングル選抜メンバー&フォーメーション
3列目:新内眞衣、清宮レイ、田村真佑、星野みなみ、筒井あやめ、岩本蓮加、高山一実
2列目:松村沙友理、遠藤さくら、大園桃子、堀未央奈、与田祐希、賀喜遥香、秋元真夏
1列目:生田絵梨花、梅澤美波、山下美月、久保史緒里、齋藤飛鳥
※1~2列目=12福神