お笑いコンビ・ナイツがパーソナリティーを務める、ニッポン放送の特別番組『ナイツのぶんつうラジオ』が20日にスタート(後8:00)。全4回にわたって、マニアックな考えをもっている人、自分らしい生き方を貫く人が、なかなか周囲に理解されないことで感じてしまう“痛”みを、“分”かち合う「ぶんつう」を目的として、トークを繰り広げていく。

【写真】フワちゃん、霜降り明星ら第7世代を絶賛したナイツ・塙宣之

 平日昼間の帯番組『ナイツ・ザ・ラジオショー』(月~木 後1:00)、毎週木曜に放送されている『清水ミチコとナイツのラジオビバリー昼ズ』(毎週木曜 前11:30)のパーソナリティーを務め、同局で毎週11時間の生ラジオを担当しているナイツが、新たに特番を担当。

 番組ではリスナーからメールを募り「日常生活で冷たい視線を感じる瞬間」や「自分にはムリなこと」、「気持ちを伝えられなかった、あの日の思い出」を紹介。さらに、ナイツがオススメする“なかなか面白さをわかってもらえない”浅草芸人をゲストに迎え、トークコーナーも行い、周囲に理解されにくい人たちの思いや日常を、「笑い」というオブラートに包んで届けていく。

 記念すべき初回のテーマは「人に言いづらい・言葉に出しにくいこと」(例:ズボンのチャックが開いてることを指摘する)。ゲストにはナイツの独演会でMCも務める、旧知の仲である中津川弦が登場する。12月11日放送の2回目は「周りから視線を感じること」(例:階段でころんだとき、舞台でネタがスベったとき)、25日放送の3回目は「どうしたらいいか分からないこと」(例:優先席を譲りたいけど、自分は少し遠くにいる)、30日放送の4回目は「周囲に理解されないこと」(例:頭皮のにおいが好きなのは私だけですか)となっている。