歌舞伎俳優で人間国宝の四代目坂田藤十郎さんが12日、老衰のため88歳で亡くなったことを受け、長男の中村鴈治郎(61)、次男の中村扇雀(59)が15日、追悼コメントを発表した。

■坂田藤十郎さんの出演作品

 鴈治郎は「最後まで若々しく、ずっとスターでいたのを目の前で体感させてくれた人です。そしてそのままスターのままで逝ってしまいました」と偉大な功績を振り返った。「家の中でも親父という印象ではなかったです。言えるのは、世界中で一番おふくろが親父のファンだったと思います」と心境を語った。

 扇雀は「子供のころから父はスター街道をひた走っておりました。そして自分の芸のことにはとても厳しく、自分の芸を高めていくことに人生をささげていて、その背中をずっと見続けてきました」と思い出を回顧。「『一生青春』をモットーに、息子も孫もライバルに思っている人でした。そして最期は苦しむことなく安らかに眠りました」と偲んだ。