南アフリカの小説家デオン・メイヤーの世界的ベストセラー小説「追跡者たち」をドラマ化した『TRACKERS/追跡者たち』が、12月2日(水)よりAmazon Prime Video チャンネル「スターチャンネル EX DRAMA&CLASSICS」で全話一挙独占配信される。映画専門サービス「BS10スターチャンネル」でも1月3日(日)に第1話先行無料放送、1月8日(金)以降、毎週金曜午後11時から独占日本初放送される。

【動画】『TRACKERS /追跡者たち』予告編映像が到着

 南アフリカを舞台に、ダイヤモンドの不法取引に巻き込まれたボディガード、イスラム過激派による大規模テロの企てを阻止すべく奮闘する諜報局、そこで働き始めた元専業主婦のスリリングなロマンス、同時進行する3つのストーリーが絡み合い思いがけない方向に展開していくクライム ・アクション(全6話)。

 ダイヤの不法取引や絶滅危惧種のクロサイの密輸、イスラム過激派のテロ組織やギャンググループの横行、悪徳政治家、ミラやジャニーナのキャラクターで描き出されるタフな女性像など、南アフリカの現代社会をリアルに描き出している。著者メイヤーがドラマ化を強く願い、自ら制作会社にアプローチしてドラマ化が実現。メイヤー自身も制作総指揮の一人として制作にも積極的に関わっている。

 すべて南アフリカで撮影。『ルワンダの涙』 の撮影を手掛け『ブラディ・サンデー』でBAFTA(英国アカデミー賞)を受賞した名カメラマン、アイヴァン・ストラスバーグが撮影を担当 した南アフリカの絶景の数々も見どころだ。遠くにテーブルマウンテンがそびえるケープタウン、カルーの砂漠地帯、クルーガーの大平原など…。壮大な景色が広がる中、英語のほかにアフリカーンス語、ズールー語も飛び交い、異国情緒たっぷりにスパイドラマが展開する。欧米が舞台の海外ドラマをたくさん見ている人にも新鮮に映るはず。

 南アフリカの有料チャンネル「M-Net」とドイツの公共放送局「ZDF」、アメリカのネットワーク「Cinemax」が共同製作した本作は、ローカルによるリアルな世界観にこだわり、撮影クルーの80%を南アフリカ人が占め、レンマー(ジェームズ・グレイシー)、ミラ(ローランダ・マライス)、ジャニーナ(サンディ・シュルツ)、クイン(タペロ・モコエナ)らメインのキャストにほぼ全員南アフリカ出身の俳優を起用。このローカルキャストの中から次なるシャーリーズ・セロン(南アフリカ出身)となるハリウッドスターが生まれるかも?

■配信
Amazon Prime Video チャンネル 「スターチャンネル EX DRAMA & CLASSICS
字幕版:12月2日(水)より全話一挙配信

■放送
BS10 スターチャンネル STAR1
字幕版:1月8日(金)より毎週金曜 後11:00~、ほか
※1月3日(日)第1話先行無料放送

■公式WEBサイト
https://www.star-ch.jp/drama/trackers/

(C) 2020 Home Box Office, Inc. all rights reserved. Cinemax and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.