歌舞伎俳優で人間国宝の四代目坂田藤十郎さんが12日午前10時42分、老衰のため都内の病院で亡くなった。88歳。京都市出身。松竹が14日、発表した。葬儀は同日、親族が密葬で執り行った。

■坂田藤十郎さんの出演作品

 二代目中村鴈治郎の長男として、1931年12月31日に生まれた。41年10月、大阪・角座『山姥』の金時で二代目中村扇雀を襲名し初舞台。53年8月、新橋演舞場で『曽根崎心中』のお初を初演し「扇雀ブーム」を巻き起こし、生涯において1400回を超える当たり役となった。

 90年11月、歌舞伎座『吉田屋』の伊左衛門、『河庄』の治兵衛で三代目中村鴈治郎を襲名した。2001年には近松座二十周年記念公演で『心中天網島』、また英国で『曽根崎心中』を上演。05年12月、南座『夕霧名残の正月』の藤屋伊左衛門などで、231年ぶりに四代目坂田藤十郎を襲名した。最後の舞台は19年12月の南座『祇園祭礼信仰記 金閣寺』の慶寿院尼だった。

 1994年に人間国宝に認定、2009年に文化勲章を受けた。

 妻は女優で元参院議員の扇千景氏。長男は四代目中村鴈治郎、次男は三代目中村扇雀、妹は女優の中村玉緒。