製作会社ブラムハウス・プロダクションズがおくる“未体験!入れ替わりホラー” 『Freaky』(原題)が、『ザ・スイッチ』の邦題で2021年1月15日より全国公開される。

【動画】映画『ザ・スイッチ』特報映像

 本作は『透明人間』(2020年)、『アス』(2019年)、『ゲット・アウト』(2017)など低予算ながら全米No.1ヒット作品や高品質で新感覚の作品を次々生み出し、ハリウッドを席巻する製作会社ブラムハウス・プロダクションを牽引するジェイソン・ブラムと、『ハッピー・デス・デイ』シリーズのクリストファー・ランドン監督の強力タッグによる最新作。

 全米公開日の2020年11月13日は奇しくも「13日の金曜日」。ホラー映画界において最も意味のある日に、ブラムハウスの新境地“ボディスイッチホラー”が封切られた。“入れ替わり”を題材にした本作は、ホラーの帝王スティーヴン・キングが「クソ素晴らしい!」と大絶賛。シッチェス・カタロニア国際映画祭をはじめ、海外でも「ホラーとユーモアが絶妙なバランスで地獄のように楽しい時間」と話題を呼んでいる。

 女子高生のミリーは、今日も憂鬱な一日をやり過ごそうとしていた。家では夫と死別した悲しみを紛らわすかのようにアルコールに溺れる母と、警察官の姉の板挟み。学校では、嫌がらせのターゲットにされ、我慢を強いられる日々。親友のナイラ、ジョシュと過ごす時間が、わずかな慰めだった。その日の夜、アメフトの応援後に無人のグランドで、母の迎えを待っていたミリーに、邪悪な影が忍び寄る。連続殺人鬼ブッチャーが、鳴り響く雷鳴とともに短剣を突き刺したとき、異変が起こる。ふたりは入れ替わってしまったのだ。

 24時間以内に入れ替わりを解除しなければ一生元の身体に戻れない状況の中、殺戮を企てるブッチャーからミリーは身体を取り戻すことはできるのか? 女子高生と連続殺人鬼がぶつかり合う、長い長い夜が幕を開けようとしていた…。

 ポスタービジュアルには、気弱な女子高生に似つかわしくない表情でチェーンソーを構えるミリーと、ピンク色のカバーのついたスマホを胸にあて、不安そうな表情の連続殺人鬼ブッチャーの姿が。「史上最悪の入れ替わり」を如実に表現した不穏さが漂っている。

 連続殺人鬼の身体で「私の身体を返して」とすごむミリーと、「やってみな」と血まみれの女子高生の身体でチェーンソーを操るブッチャーの対決で終わる特報は、壮絶な戦いを予感させる。

 出演は気弱で冴えない女子高生ミリーに『名探偵ピカチュウ』(2019年)、『スリー・ビルボード』(2017年)の次世代トップ女優キャスリン・ニュートン。手当たり次第に殺戮を企てる連続殺人鬼をパワフル、かつ、妖艶に演じる。一方、指名手配されている連続殺人犯ブッチャーには『ドッジボール』(2004年)や『サイコ』(1998年)で知られる俳優のヴィンス・ヴォーン。自らの身体を取り戻すために奮闘する女子高生を愛すべきキャラクターとしてポップに演じている。

 そのほか、ミリーの親友でしっかり者のナイラをセレステ・オコナー(『ゴーストバスターズ/アフターライフ』(2021年))が、ジョシュをミーシャ・オシェロヴィッチ (『ザ・ゴールドフィンチ』(2019年・未))が演じ、親友の体を取り戻すべくミリーとともに奮闘する。

 また、このたびユニバーサル・ピクチャーズのホラー総合アカウント「ユニバーサル・ホラー公式」(Twitter/YouTubeチャンネル)が登場。本作はもちろんのこと、ユニバーサル・ホラー作品の怖くて楽しい最新情報を発信していく。