女優の中条あやみが主演する、NHK総合・よるドラ『閻魔堂沙羅(えんまどうさら)の推理奇譚(きたん)』(毎週土曜 後11:30)。被害者に、自分で自分の殺人事件の真相を解決させる、異色のオムニバスミステリードラマの第3回(14日放送)と第4回(21日放送)で、交通事故死した元バドミントン選手・澤木夏帆(22歳) を演じる黒島結菜が見どころを語った。

【場面写真】閻魔大王の娘・沙羅(中条あやみ)

 夏帆は国内トップ選手だったが、ケガで引退。今は片手間でコーチをしている。ある日、闘病中の父が「続けろ」というメモを残して亡くなり、姉の南緒(山下リオ)や関係者に反対されるも、夏帆はひそかに復帰しようと動き出す。だが予期せぬトラブルで事故死した夏帆は、閻魔大王の娘・沙羅(中条)に本音を見透かされて逆上。沙羅の怒りを買って地獄に落とされる。

――今回、よるドラ『閻魔堂沙羅の推理奇譚』に出演することが決まったときのお気持ちは?

【黒島】脚本を担当された古家和尚さんをはじめ、連続テレビ小説『スカーレット』で大阪の スタッフの皆さんとは何度かお仕事をご一緒していましたし、主演が学生時代からの友だちの中条あやみさんでしたから、すごく“出たい”と思いました。そこから脚本をいただいて読んでみて、私が演じる夏帆というキャラクターに
自分自身との共通点もあったので、出演したいという気持ちが強くなりました。

――ご自身の役柄についての印象や、役のここに注目してほしいという点は?

【黒島】澤木夏帆は、世界でも活躍した元バドミントン選手という役で、私も学生時代にバドミントンをやっていました。夏帆は閻魔堂に行って、沙羅から生きている間の言動について責められるんですけれど、台本でそのシーンを読んでいると、すごく自分自身に言われているような気持ちになって…。誰にでもあることかもし
れませんが、困難から逃げたい気持ちとか、プライドが邪魔して素直になれないこととか、そういった“もどかしさ”が自分にもあるなと。撮影に入る前はもちろん楽しみな気持ちもありましたが、夏帆が自分に少し似ていると感じていたので、ちょっと演じるのが怖いという気持ちもありました。

――収録に参加されてみて、現場の印象はいかがでしたか?

【黒島】現場はあたたかい雰囲気で、信頼できるスタッフの皆さんもいたので、安心感がありました。そんな中で撮影できたのは、すごく居心地が良かったです。

――ご友人でもある主演の中条あやみさんとは初めての共演だと伺いました。実際に共演されてみていかがでしたか?

【黒島】現場で一番驚いたのが、沙羅の衣装のかわいさと派手さです。街を歩いていたら 「ハロウィンかな!?」 って思うような衣装でした(笑)。また彼女は背が高いから、お芝居の中で、夏帆が沙羅にいろいろ言われている時に、本当に私がだんだん小さくなっていくような感じもしました。でもやっぱり撮影現場では変な緊張
がありましたね(笑)。2人の関係性がお仕事からのスタートではなく、プライベートからのスタートだったから、お互いに「なんか変な感じだね」とか言いながら、撮影が進んでいきました。

――ドラマ では実際にバドミントンをプレイするシーンもあります。バドミントン経験者として、演技の中でプレイするのはいかがでしたか?

【黒島】撮影については、「実際にバドミントンをやっていたから大丈夫だろう」 と思っていたんですけれど、結構難しかったです。自分のフォームのクセもあったりもしたんですけれど、最新の技術とかフォームがかなり進化していて「こんなに難しくなっているんだ!」と驚きました。また夏帆が世界で活躍する選手という設定
なので、実際にプレーする上での力強さを見せることにも難しさを感じました。自分がどれくらいバドミントンを出来ているのかオンエアで見るのが楽しみですね(笑)

――放送を楽しみにしている視聴者の方々へのメッセージをお願いします。

【黒島】閻魔堂で沙羅と対峙することで、夏帆が隠していた思いが暴かれていくシーンがあるんですけれど、演じていて自分も夏帆と同じように“悔しい”と感じる瞬間がありました。人間、誰しもが持っている気持ちや一面でもあると思うので、視聴者のみなさんにもきっと刺さる部分があると思います。沙羅との出会いを通して、少しずつ自分と向き合おうとする夏帆の姿も、ぜひ見てもらえたらと思います。