人気グループ・V6の井ノ原快彦(44)、関西ジャニーズJr.・なにわ男子の道枝駿佑(18)が7日、都内で行われた映画『461個のおべんとう』(公開中)の“ありがとう溢れる”舞台あいさつに出席。今回が、本映画の“最後”の舞台あいさつであることから、父・井ノ原が息子・道枝に対し、激励メッセージを送った。

【写真】爽やかな笑顔で手を振るなにわ男子・道枝駿佑

 井ノ原は「僕は先輩として言ってあげられたことはあまりなかったんです。なぜなら彼は最初からあったから言う必要がなかった。僕も彼も同じ事務所で、ジャニーズで歌ったり踊ったりしているわけで、僕らは今年25周年を迎えました。彼はまだデビューしていないですけど、グループとして活動している。その中で、秘けつなんてものはないですが、一番大事にしなきゃいけないのは、ファンと仲間」とメッセージを送った。

 続けて「それだけでいいかと言ったら語弊もありますが、まずは仲間を一番大事にしてほしいと思います。君なら大丈夫だと思うけど、いまのまま謙虚に頑張っていただきたいと思います」と激励。そして、「たまにはハメを外してもいいよ」と言った井ノ原だったが「ハメを外しすぎるやつがうちの事務所にたまにいるから(笑)。やりたいと思ったこと、楽しいと思ったことをやればいい。それでいいと思いますよ!」と父と子の関係として、最後の言葉を送った。

 道枝は「ここに立てているのは、ファンのみなさん、スタッフさんのおかげで環境が恵まれていると思いますが、謙虚な心を忘れずにまじめにやっていけたら」と父の言葉を受け、決意をあらたにしていた。

 本作は渡辺俊美氏による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を映画化。妻と別れ、息子である虹輝(道枝)と2人で暮らすことになった一樹(井ノ原)。虹輝の要望で毎日お弁当を作ることになり、親子は大切な約束を交わす。高校3年間、『お弁当を作る』『休まずに学校へ行く』――。2人は親子の絆を、お弁当を通して紡いでいく。