女優・フィギュアスケーターの本田望結(16)が16日、『第99回全国高校サッカー選手権大会』(12月31日開幕)16代目応援マネージャーへの意気込みをリモート取材で語った。

【全身ショット】制服姿でサッカーボールを持つ本田望結

 過去には初代・堀北真希さんにはじまり、新垣結衣や広瀬すずらも務めた“応援マネージャー”に抜てきされた本田。自身もフィギュアスケートに取り組むアスリートであり、「歴代の応援マネージャーさんたちが素晴らしく、憧れていました。そして父が高校サッカーをやっていた」ということもあり「今年、一番上の目標に『応援マネージャーがしたい』と掲げていました」という。

 「(応援マネージャーは)父と私の夢のようなもの」と話した本田は、オファーを受けて念願がかなった時は「泣きました。あまり演技以外で泣くことは我慢してますが、涙が出てしまったことを覚えています」と照れながら明かした。

 歴代の応援マネージャーを振り返ると、広瀬アリス(6代目)、広瀬すず(10代目)が姉妹で務めたことも話題に。報道陣から「ゆくゆくは、本田姉妹も?」と期待されると「妹(本田紗来)も全力でフィギュアスケートに取り組んでいるので、これから何か一緒にお仕事ができる機会があればいいな」と笑顔で話していた。