福山雅治の歌手デビュー30周年を記念した特別企画として、B’zのボーカル・稲葉浩志とのスペシャル対談動画が13日、YouTubeで公開された。総合格闘技愛があふれる2人が、トークのオクタゴン(総合格闘技の試合場)で6年ぶりに“再戦”。1ラウンド30分のトークバトルを繰り広げる。

【動画】稲葉浩志×福山雅治、両雄が6年ぶり“再戦”

 2人の対談が最初に実現したのは2014年5月。稲葉が自身のソロプロジェクトの公式サイト「en-zine」で対談を企画し、その第1弾として、アメリカの総合格闘技イベント「UFC」(Ultimate Fighting Championship)フリークという共通点がある福山にUFC談義をオファー。熱い“舌戦”を繰り広げた。

 今回の「UFC TALK 2020」は福山側からオファーし、稲葉が快諾する形で両雄が6年ぶりに相まみえることになった。司会は前回同様、長年UFCの実況を務めてきた高柳謙一アナウンサーが担当する。

 福山は最近、6年8ヶ月ぶりのオリジナルアルバム『AKIRA』(12月8日発売)の制作に集中し、最新情報を追いきれていなかったことから、有識者ゲストとして、“世界のTK”の異名をとる総合格闘家で総合格闘技道場ALLIANCE代表の高阪剛が初参戦。高阪に近年のスター選手や、業界の動向を格闘技初心者にもわかりやすく解説してもらう。