『おジャ魔女どれみ』20周年を記念して製作された映画『魔女見習いをさがして』の公開記念舞台あいさつが14日、都内で行われ、ヒロインの声優を担当した森川葵、松井玲奈、百田夏菜子が出席した。

【動画】声を震わせ…感極まり号泣する松井玲奈

 この日は、“おジャ魔女声優”の千葉千恵巳(春風どれみ役)、秋谷智子(藤原はづき役)、松岡由貴(妹尾あいこ役)、宍戸留美(瀬川おんぷ役)、宮原永海(飛鳥ももこ役)、石毛佐和(春風ぽっぷ役)も集結。それぞれが演じるキャラクターの“魔法の呪文”を唱えると、ファンと一緒に森川、松井、百田の3人も大興奮だった。

 特に『おジャ魔女』シリーズの大ファンだった松井は「台本を読んだとき、どれみちゃんにずっと会いたかったんだな、ずっと心の支えだったんだなと気付きました。どれみちゃんがいてくれて本当にうれしい」と熱弁すると、思わず感涙。気持ちを落ち着かせながら胸の内をさらけ出すと「みっともない姿を見せてしまいました」と照れ笑いを浮かべていた。

 同映画は、始まりの場所・MAHO堂のモデルとなった洋館の前で出会った3人のヒロイン・ソラ(森川)、ミレ(松井)、レイカ(百田)の物語。年齢も、住んでいる場所も、悩みも、何もかもが違う3人が、『どれみ』ゆかりの地を巡る旅を通して、大人になって見失ってしまったそれぞれの大切なものを探していく、大人のための新たな“魔法”のストーリー。

 トークセッションでは、「あなたにとって『おジャ魔女どれみ』とは?」という質問に、どれみ役の千葉が「つながり」と答え「たくさんのスタッフさん、いっぱいの方が関わり、20年経ってもつながっていて、キャストもいまだに仲がいいんです。たくさんの人に会えて、すごく感謝しています」としみじみ話していた。

 舞台あいさつにはそのほか、三浦翔平、佐藤順一監督が出席した。