俳優の佐藤健が出演する、ポケモンカードゲーム(公式略称:ポケカ)の新CM『真剣勝負』篇が13日に公開された。謎解きクリエイター・松丸亮吾と台本や筋書きのない「真剣勝負」のポケモンカード対戦をしている。

【動画】「長考します…」ガチでポケモンカード対戦をする佐藤健

 プライベートでも親交が深く、実際にポケモンカードゲームのプレイヤーでもある佐藤と松丸。撮影で佐藤は「マッドパーティ」デッキ、松丸は「セキタンザン」デッキと、競技大会でも使われるような本格的なデッキを使い、手さばきも鮮やかに計4回対戦。バトル中の駆け引きや思考する表情を通して、ポケモンカードゲームの戦略性や対戦の醍醐味(だいごみ)を伝えている。

 ゲームの魅力について佐藤は「一見不可能に見えるところを自分の作戦で勝ち筋を見つけていくところが、ポケモンカードの醍醐味。運が大事な局面もあるけど、やっぱり戦略ですね。デッキを構築するのにも、プレイにも頭を使います。自分でデッキを作って、想像していた作戦が上手くいった時は、めちゃくちゃ気持ちいいですね。勝負した相手との友情が深まる、みたいな感じもありますし(笑)」とにっこり。

 松丸も「ポケモンカードは、毎回必ず頭を使う盤面が生まれるところが面白いです。デッキの段階で半分勝負がついていたとしても、プレイング次第で勝てる道が必ずあって。僕は健さんに誘われてポケモンカードを始めたんですけど、最初は兄貴的な感覚だったのが一緒にポケモンカードで遊ぶうちに友達みたいになれてうれしかったし、毎回本気で対戦できるというのがいいですよね。子どもも大人も一緒に遊べるゲームです」と伝えた。