俳優の玉木宏が主演する15日放送の読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)第6話の場面カットが公開。玉木演じる主人公で元極道のスーパー専業主夫・龍がエプロン姿のまま迫力の“家事ラップ”を披露する。

【場面カット】エプロン姿でラップを披露する龍(玉木宏)

 第6話で描かれるのは、龍の舎弟・雅(志尊淳)と純喫茶のアルバイト店員・ゆかり(玉城ティナ)の恋模様。雅の思いを知った妻・美久(川口春奈)は龍とともにサポートを約束するが、物語は例によって思いもよらぬ展開に。そして物語後半、なぜか龍が“家事ラップ”で内なる想いを吐き出す。

 ラップシーンの撮影が行われたのは、都内のライブハウス。コメディとは思えないほどガチな雰囲気に一同やや緊張ぎみ。そんな中、玉城がメイキングカメラを手に志尊に接近し、はにかむ志尊を撮影すると、今度は玉木に近づきインタビューするなど和やかな雰囲気に。

 またカメラに映っていることに気づかず「やばい、気抜いてた」とつぶやく志尊に、玉木が「お前気抜いてたんかい!」と“龍モード”全開でツッコむ場面も。ゆるい空気感から、カメラが回ればラッパーさながら、玉木が本格的なパフォーマンスで圧倒。抱腹絶倒のラップバトルの行方に注目だ。