歌手で俳優の福山雅治が14日放送の日本テレビ系バラエティー『嵐にしやがれ』(毎週土曜 後9:00)にゲスト出演。『記念館』コーナーでは、デビュー30周年を迎えた福山の貴重な写真や思い出の品を前にその半生をひも解いていく。また「嵐とやってみたい!」という福山の持ち込み企画として『ギターピック投げ選手権』を開催。福山がライブで客席に投げるピックにちなみ、ピックをどこまで遠くに飛ばせるかで対決する。果たして誰が一番遠くまでピックを飛ばせるか。メンバーたちのギターを持った姿にも注目。

【写真】福山雅治が“記念館にコーナー登場

 トークの冒頭、印象的だったエピソードとして北京五輪の際、空港に着きスタッフから「ものすごく人だかりができているから気をつけてください」と言われたという福山。「写真とか撮られてもいいように」お手洗いでセットのお直しにいったものの、外に出てみると「黒山の人だかり、その熱狂の嵐が(自分の方向ではないところへ)動いているわけですよ」とぶっちゃける。その熱狂の真ん中にいたのは櫻井翔。「もっと売れなきゃいけないって(思った)」と冗談混じりで振り返る。

 番組では、思い出の品として「母親が35年前に作ってくれた」ロングコートや、「初めてアルバイトして買った」ギターなど次々“お宝”が登場。上京後の下積み生活については「ご飯のおかずに??を食べていた」という食生活や、「イベントで??に出番を奪われる」という出来事を明かす。そんななか、1993年に「MELODY」が大ヒットしスターダムを駆け上がると「レコード会社に??を買ってもらった」というエピソードも。

 当時について福山は「ある時にレコード会社のお偉いさんがライブの打ち上げに来て、『次に出す「MELODY」っていう曲があるんで、売れたら??を買ってもらっていいですか』って言ったら、お偉いさんが『いいね、そのぐらいの勢いじゃないとダメだよ』という感じになるわけです。ファンのみなさんの応援もあって(売れるという)目標をクリアして、『??買ってくださいね』って言いに行ったら…」と秘話が明かされる。また「HELLO」(1995)、「桜坂」(2000)に関する知られざるエピソードも飛び出す。

 このほか、これまで16人の一流アスリートと対決してきた二宮和也の『勝ちたいシリーズ』がついにファイナル。最終回に相応しい今回の対戦相手は、陸上・トップスプリンターの桐生祥秀選手。偉大なる軌跡に二宮が迫った後は、二宮の走りを見て足が速くなる秘訣も伝授してもらう。二宮VS桐生選手の陸上ゲームバトルで大盛りあがりをみせる。

 『隠れ家ARASHI』は、松本潤&松丸亮吾の『謎解きバトル』特別編。スタジオを飛び出し、バトル会場に到着した松本らを出迎えたのは、以前番組にも出演して“謎解きキング”となった佐藤健。“キング”佐藤に、松本、吉村崇の2人は勝利を収めることはできるのか、学校を舞台にした特別謎解きバトルが繰り広げられる。