俳優の小栗旬主演で、三谷幸喜氏が3作目のNHK大河ドラマを手掛ける2022年『鎌倉殿の13人』が13日正午、公式ツイッターに、「伊豆の若武者 北条義時役 小栗旬」と書かれた画像を投稿。「告知 13:00~」と予告していた時間には三谷氏の動画メッセージが公開された。

【動画】『鎌倉殿の13人』三谷幸喜氏の動画メッセージ

 三谷氏は「いま一生懸命書いているところです」「始まるのはだいぶ先ですけれども あっという間にきちゃうんで」と2016年の大河ドラマ『真田丸』の反省(?)をにじませ、「期待していてくださいね」と呼びかけた。

 さらに「キャストもどんどん決まっております」と切り出し、主演の小栗は北条義時役、そのほかにも「すごいキャスト」が決まっていると、「来週の月曜日の16日から5日間にわたって 小出しに小出しに発表していきます」と予告。

 キャスティングについて「作品の90%はキャストで決まると思っています」と語り、「みんながよく知っている俳優さんがみんながよく知っている役をやる」「みんながよく知っている俳優さんが全然知らない役をやる」「全然知らない俳優さんが有名な役をやる」「全然知らない人が全然知らない役をやる」と、さまざまな可能性を示唆。いずれにしても「大河ドラマならではのキャスティングになっております」とアピールしている。

 なお、公式ツイッター最初の投稿の数字「1116-1120」はキャスト発表の日付だったようだ。