人気グループ・KAT-TUNの上田竜也が出演する14日放送のTBS系バラエティー『炎の体育会TVSP』(後7:00)では、上田が監督を務める上田ジャニーズ陸上部と、人気動画クリエイター集団・東海オンエアが、全日本実業団対抗陸上競技選手権大会で3年間無敗のマスク・ド・ランナーと「1260メートル障害走」で対決する。

【写真】東海オンエアが三つ巴対決に参戦

 今回は、1人で1260メートルを走るマスク・ド・ランナーに、上田ジャニーズ陸上部と東海オンエアがそれぞれ3人1組のチームを組んで挑む三つ巴対決を実施。勝負の行方を左右するのは、最深部の深さが0.7メートル、長さ3.66メートルの水がたっぷり張られた障害走の鬼門“水濠”。果たして水濠をうまく跳び越え、勝利を飾るのは一体どのチームか。

 これまで幾度となく最強ランナーたちと熱い戦いを繰り広げてきた『上田ジャニーズ陸上部』。今回は、エースの菅田琳寧(7 MEN 侍)をはじめ、鈴木舜映、西村拓哉(Lilかんさい)の身体能力抜群のジャニーズJr.たちが参戦。上田監督が見守るなか、勝利を掴み取ることはできるのか。

 そして、YouTubeチャンネルの動画総再生数が2020年上半期ナンバーワンを記録、チャンネル登録者数550万人以上の人気動画クリエイター集団・東海オンエアから、てつや、りょう、ゆめまるが番組初参戦、同局自体に初出演となる。陸上歴6年、3000メートル障害走経験者であるりょうをはじめ、陸上歴11年、1500メートルの自己ベストが4分9秒の俊足リーダー・てつや、そして陸上歴11年で高校2年生の時に800メートルで県大会2位の実績を持つゆめまるという元陸上部の精鋭たちは、どんな走りを見せるのか。

 迎え打つマスクマンは、全日本実業団対抗陸上競技選手権大会で3年間無敗。ケニア共和国の国旗を胸に、さっそうと登場したマスクマンの正体は一体とは。全日本実業団対抗陸上競技選手権大会で3年間無敗のマスク・ド・ランナー参戦の『障害走対決』に加え、最強女子ゴルフ軍参戦の3番勝負、そして桃田賢斗選手初挑戦の「100秒チャレンジ」の模様を送る。