女優の中条あやみ、俳優の杉野遥亮が13日、都内で行われた映画『水上のフライト』の初日舞台あいさつに出席。新型コロナウイルスの影響を受け、公開予定だった6月から延期。ようやく封切りを迎え、中条は「ウルっとしちゃいますね。胸がいっぱいです」と感慨深げな表情を浮かべた。

【動画】小澤征悦から無茶ぶり!全力で応える杉野遥亮

 本作は、実在するパラカヌー選手との交流を通じ作り上げられたオリジナルストーリー。走り高跳びで世界を目指し、有望なスポーツ選手として活躍していた遥(中条)だが、不慮の事故から二度と歩くことができなくなってしまう。心を閉ざした彼女だったが、カヌーという新しい夢を見つけ、母の愛、淡い恋心、恩師との約束、大切な人の思いを乗せて、どん底から道を切り開く物語が描かれる。

 撮影秘話に花を咲かせるなか、劇中で心を通わせ合う遥(中条)と颯太(杉野)の関係の今後について話題に。中条が「颯太さんは、いろんな身体障害者の方々を見てきてわかる部分というのがあって、人の痛みをわかる男性。遥もそこに頼れる部分があるので、個人的にはそのまま結婚してほしい」と語ると、杉野も「僕なら全力で恋してる」と、役柄の心情を代弁した。

 その後も杉野が「恋じゃないですか。結婚したいですね」と続けると、中条は「なんか恥ずかしいね」と赤面。“相思相愛”なやり取りに思わず、共演の小澤征悦は「役柄の話してるんですよね!? 恥ずかしいってどういうこと!?」とツッコミを入れて、笑いを誘っていた。

 舞台あいさつにはそのほか、脚本の土橋章宏氏、兼重淳監督が出席した。