モデルの堀田茜(28)が13日、神奈川・ラゾーナ川崎で行われた『ハリー・ポッター 魔法ワールドのクリスマス at LAZONA』のオープニングイベントに出席した。

【全身ショット】グリフィンドールのローブに身を包み登場した堀田茜

 映画『ハリー・ポッターと賢者の石』の公開20周年を記念して開催される同イベントは、ラゾーナ川崎のルーファ広場に縦横10メートルの巨大なインスタレーションが登場。劇中に登場した「ホグワーツ特急」や「ホグズミード村」の街並みなど、作品の世界観を体感できる。

 同シリーズの大ファンだという堀田は「小学校のときにはやっていたので、みんなで(小説を)読んでいました。映画館にも両親にお願いして、2回は見に行ったと思います!」と“ハリポタ愛”を爆発させた。主人公のハリー・ポッターが所属する魔法寮「グリフィンドール」のローブに身を包むと「すごくテンションが上がってます! 初めて『ハリー・ポッター』を読んだ時のワクワクを思い出しました」と目を輝かせた。

 その後も「透明マントにすごい憧れて、バスタオルを巻いて、透明マントごっこをしてました。透明になったら夜の小学校を忍び込んだり、家を飛び出したり、いろんなイタズラをする妄想をしてましたね。あとは、ホウキに乗って海外に行ってみたい!」と、トークは止まらず。雪を降らせる呪文「メテオロジンクス」を唱え、スノーマジックを演出した際には「人生で初めての魔法。思ったより猛吹雪になったので、特訓が必要ですかね(笑)」とちゃめっ気たっぷりに話していた。