元TBSのフリーアナウンサー・小林麻耶(41)が、木曜のレギュラーコメンテーターとして出演していたTBS系『グッとラック!』(月~金 前8:00)を降板することが12日、わかった。小林は同日の放送を突如欠席しており、その後、所属していた生島企画室との契約終了が発表されていた。

【写真】ラブラブ!小林麻耶&あきら。のギュッと抱き合う熱々ショット

 同局はORICON NEWSの取材に対し「小林麻耶さんは初期の頃から、『グッとラック!』にご出演いただき、番組に貢献してくださいました。この度、小林さんと番組との間で、日程的に合わないことがあり、番組を離れることになりました」と説明している。

 この日の午前6時過ぎに小林は、自身のYouTubeチャンネル「コバヤシテレビ局」で番組欠席について言及し、「私、きのう午前中に突然、番組の降板を言い渡されて、きょう番組に出演できないことになりました」と報告。経緯について「ファッションコーナーのスタッフさんからいじめを受けておりまして、それに耐えられずに今週火曜にあったロケを行かない決断をしたんです」と主張している。TBS側は取材でいじめについて否定した。

 生島企画室の公式サイトでは「弊社所属 小林麻耶 に関するお知らせ」として、「この度、慎重に話し合いを続けて参りましたが、それぞれの思いがあるなか、正常なマネジメント業務を行う事が困難になった為、2020年11月12日をもちまして、弊社所属小林麻耶とのマネジメント契約を終了することと致しました」と発表した。

 小林は2018年7月に4歳年下の整体師・國光吟さんと結婚し、翌8月に一度、芸能界を引退。昨年5月にはTBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜 後8:57)に出演するなど活動を再開し、同年6月に生島企画室への所属を発表していた。