新型コロナウイルスの影響で延期となっていた『機動戦士ガンダム』40周年企画の映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』が、2021年5月7日に公開されることが12日、発表された。あわせて新規PV&ビジュアルも公開され、主人公機の「Ξ(クスィー)ガンダム」の姿が解禁となった。

【動画】主人公機が解禁!躍動するクスィーガンダムがお披露目

 同映画は、7月23日に公開予定だったが新型コロナウイルスの影響で延期となっており、今回の公開日決定に主人公・ハサウェイを演じた小野賢章は「新型コロナウイルスの影響もあり、だいぶお待たせしてしまう形になってしまいましたが、ようやく公開日が決まり、ついに皆様に観てもらえる!と思うと、楽しみで仕方ありません。皆様も楽しみにお待ちください!」と呼びかけた。

 公開された新規ビジュアルでは、ついにベールを脱いだ主人公ハサウェイ・ノア(マフティー・ナビーユ・エリン)の搭乗機“Ξ(クスィー)ガンダム”の姿がお披露目。両手を広げ、夜明け前の空から地上へと降下する白いΞガンダムの姿は、ハサウェイの決意が乗り移ったかのような緊張感を漂わせ、この先に待つ戦いの激しさを予感させる。

 PVは、Ξガンダムがフィーチャーされており、地球連邦軍パイロット、レーン・エイムが駆るペーネロペーと対峙するシーンを見ることができ、2機のガンダムがどのような活躍を展開するのか期待が高まる。

 『閃光のハサウェイ』は、2019年に迎えたガンダム誕生40周年、さらに宇宙世紀の次の100年を描く「UC NexT 0100」プロジェクトの映画化作品第2弾として制作される宇宙世紀サーガの最新作であり、アムロとシャアによる最後の決戦を描いた『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』(1988)の世界観を色濃く継承する作品。現在、劇場版3部作として制作が進められていた。主人公のハサウェイ・ノアは小野賢章、ギギ・アンダルシアは上田麗奈、ケネス・スレッグは諏訪部順一が務める。