俳優の小栗旬(37)と星野源(39)が11日、都内で行われた映画『罪の声』大ヒット御礼舞台あいさつに登壇。この日は、観客からの質問コーナーを設け、役者志望の男性から「若いころの夢と、どのような努力をしてきたか」と聞かれた2人は、真剣な面持ちで答えた。

【集合ショット】土井裕泰監督らとともに登壇した小栗旬&星野源

 小栗は「内田有紀さんに会いたくて、11歳のときに始めたんですけど…」と会場の笑いを誘いつつ「高校生のときには俳優になりたかった。結果的にいうと、いま現在も夢の途中。いまもまだ夢に向かって進んでいる状態です」と話した。

 星野は、小学生の低学年のときに見た映画『ブルース・ブラザーズ』(1980年)から影響を受けたといい「コメディー作品で面白いのに音楽もダンスもかっこいい。この世界は面白そうだなと思っていて、僕もあっち側にいきたいと思ったんです」と子どものときに夢を抱き始めたと明かした。して「いま役者も音楽も文筆もやれている。その間に紆余曲折はありましたけど、原点に向かっているところですね」と小栗同様にまだ“途中”であることを語った。

 努力について熟考した小栗は「努力と思ってやってきたことがあまりない。俳優という仕事は正解がないので、やれることはなんでもしてきた」と話すと、星野は「かっこいい!」とツッコみ、小栗も「いまのは自分でもかっこいいと思った」とドヤ顔をして、会場を盛り上げた。

 この日は、宇野祥平(42)、原菜乃華(17)、土井裕泰監督(56)も出席した。

 原作は、フィクションでありながら、昭和最大の未解決事件をモチーフに、作者の綿密な取材と着想が織り混ぜられ、事件の真相と犯人像が“本当にそうだったのではないか”と思わせるリアリティーに溢れた物語で話題に。小栗が昭和最大の未解決事件を追う特別企画班に選ばれ、残された証拠を元に取材を重ねる大日新聞の新聞記者・阿久津英士、星野が京都で亡くなった父から受け継いだテーラーを営む曽根俊也を演じている。