映画『妖怪大戦争 ガーディアンズ』(来年公開)の始動記者会見が12日、埼玉・東所沢・ところざわサクラタウンのジャパンパビリオンで行われ、主演の寺田心(12)に加えて、新キャストとして狐面の女を杉咲花(23)、隠神刑部(いぬがみぎょうぶ)を大沢たかお(52)が演じることが発表された。

【写真】VTRでメッセージを寄せた新キャストの杉咲花

 この日の会見には、寺田、大沢、三池崇史監督(60)、製作総指揮の角川歴彦氏(77)と荒俣宏氏(73)が出席。杉咲はVTRでメッセージを寄せ「ものすごくかっこいい役を演じさせていただいて楽しかったです。まさかこのような形でご一緒できるとは思ってなかった。とってもピュアで無邪気な等身大の心くんと毎日楽しい時間、餃子を一緒に食べに行ったりできたのは楽しかったです」と笑顔で呼びかけた。

 寺田が「(大沢の役柄が)たぬきの妖怪なんですけど、僕が思っていたたぬきとは違って。お芝居が終わるとすごくやさしくしていただいて、ご一緒できてよかったです」とにっこり。大沢は「人間以外を演じたのが初めてだったので、楽しくさせていただきました。心くんをビビらせるというミッションがあったので、考えながらやっていましたね。なので、終わった後はなるべく笑顔で接していました」と声を弾ませていた。

 68年に公開された『妖怪大戦争』は、『妖怪百物語』『東海道お化け道中』とあわせて“大映妖怪三部作”とも呼ばれる作品。05年の平成版は、神木隆之介が主演を務め、興行収入は20億円を記録。今回、令和の時代とともに『妖怪大戦争 ガーディアンズ』のタイトルで16年ぶりの新作が公開されることとなった。