「おジャ魔女どれみ」20周年を記念して製作された映画『魔女見習いをさがして』。13日からの劇場公開に先駆けて、“魔法”を感じるキャラクター映像3種――「ソラ編」「ミレ編」「レイカ編」が解禁された。ヒロインたちの素顔、抱えている悩みを垣間見ることができる。

【動画】ヒロインたちの素顔が見える新映像3種

 教員を目指しているものの教育実習で壁にぶつかってしまい“自分の本当にやりたかったこと”に悩んでしまうソラ(森川葵)。帰国子女でやりたい職業に就くものの、“空気が読めず”周囲に合わせることが苦手で、職場になじめず悩むミレ(松井玲奈)。やりたい夢があるものの、“現状に言い訳”をしてなかなか前に進むことができないレイカ(百田夏菜子)。3人の等身大の女性たちが登場する本作。

 迷えるヒロインたちが、「好きなもの:おジャ魔女どれみ」でつながり、好きなものでつながった「ともだち」に背中を押されながら明日に向かっていく、希望を感じさせる。映像の中では“夢”や“魔法”などがキーとなり、ヒロインたちが出会うちょっぴり不思議な体験も。映画への期待が高まる映像となっている。