俳優の仲野太賀、吉岡里帆、寛一郎、佐藤快磨監督が11日、都内で行われた映画『泣く子はいねぇが』(20日公開)の特別上映会に登場した。

【動画】吉岡里帆、初の母親役「こんなに苦しくて大変なことなのか」

 初の母親役を務めた吉岡は「監督からは『主人公のたすくに後悔を抱かせるような人でいてほしい』と言われて、どうすればいいのか悩んでいる部分でした。決別の話でもあるので、ただの男と女の別れではなく、人生の決別をする気持ちはどういうことなのか、自分の人生に照らし合わせましたし、母親になったことがないので、ゼロからスタートする感覚がありました」と役作りについて告白。

 撮影では赤ちゃんと共演し「母親になることは、こんなに苦しくて大変なことだと役を通して感じました。赤ちゃんを撮影の中で抱っこをさせていただいたのですが、『この子を守らなきゃ!』と、赤ちゃんのことはずっと考えていました」と打ち明けた。

 同作は、『万引き家族』などで知られる是枝裕和監督が自ら企画として参画し、全面的にサポートする新鋭・佐藤快磨監督の劇場デビュー作。脚本は完全オリジナルで、主人公・たすくを仲野、妻・ことねを吉岡が演じるほか、山中崇、余貴美子、柳葉敏郎らが出演する。

 物語の舞台は秋田県・男鹿半島。大みそか、伝統行事「ナマハゲ」に参加するたすくは「酒を飲まずに早く帰る」と約束したが、酒を断ることができずに泥酔。さらに「ナマハゲ」の面をつけたまま全裸で街を走り出し、その姿がテレビで全国放送されてしまう。ことねに愛想をつかされ、逃げるように上京するも、親友の志波(寛一郎)からことねの状況を聞かされ、彼女と娘への強い思いを再認識。そして、地元に戻る決意をするが、現実はそうたやすいものではなかった…。