歌手で俳優のGACKTが9日、現在大ヒット中のアニメ映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の主題歌「炎(ほむら)」(LiSA)をカバーした動画を自身の公式YouTubeにアップ。『鬼滅の刃』のキャラクター・鬼舞辻無惨(きぶつじ・むざん)に扮したスタイルで同曲を歌い上げ、ファンから歓喜の声があがっている。

【動画】“無惨様”GACKTが「炎」を熱唱

 作中では主人公・竈門炭治郎たちの前に立ちはだかる鬼の始祖である無惨。ネットでは以前から、この“無惨様”を実写で演じるならGACKT以外にいないのではと推す声が多く、先月30日にはGACKTが自身のインスタグラムに無惨のコスプレをアップし、そのクオリティの高さでファンを驚かせていた。

 この日アップした動画『【鬼滅の刃/炎】GACKT無惨が歌ってみた』では、「鬼滅の刃にリスペクトを込め、『炎』をアカペラ一発撮り! GACKTが鬼滅の刃の人気キャラクター 鬼舞辻無惨に扮して歌います」と説明。GACKT自身も「今日は、すてきな曲に敬意を表し、無惨の雰囲気で歌いたいと思います。サビはさらに上に転調して、ドラマチックに想いを届けたいと思います。このアニメが好きな人、この作品が大好きな人たちに、こんなアカペラあるんだ、こんな表現があるんだっていうのが伝わればいいなと思います」と前置きし、力強い歌声を聴かせた。

 動画のコメント欄やSNSでは、「歌もGACKTさんもカッコイイ…絶対歌ってくれるって信じて待ってました」「まさかアカペラで歌うとは…さすがGACKTさんです!」「これは無惨様本人」「血を! 血を分けてください!!」など、歌の迫力や改めて無惨そっくりな出で立ちに感動する投稿が相次いでいる。