9人組グローバルガールズグループ・NiziUがカバーモデルを務めた、女性ファッション誌『ViVi』1月号(18日発売・講談社)の表紙&付録のピンナップ画像が公開された。通常版・特別版と1アーティストが1度に2パターンの表紙を飾るのは同誌にとって史上初、さらにカバーを飾った女性グループとしては、平均年齢でViVi最年少を記録した。

【写真】パジャマ姿でキュートな笑顔を見せるNiziU

 その圧倒的なスター性、個々のメンバーの魅力に惚れ込んだViVi編集部からの熱烈オファーで実現した今回のNiziUの表紙。撮影当日の朝はメンバーそろって「We NiziU!」のあいさつを披露し、現場を盛り上げた。パステルカラーの特別版表紙の衣装から撮影はスタート。リマは、自身の衣装を「天ぷらになった気分」と独特の表現で喜んでいた。

 ハートのポーズで臨んだソロ撮影では、ハートの形のライトを使って、メンバーの目の中に本当にハートを作り出したところ、マヤはハートポーズの達人であることが判明。指ハート、両手でハート、萌え袖ハート……。結局どのバージョンが採用されたのかは、本誌でぜひチェックしたい。

 今回の撮影の目玉は、「テニス」と「パジャマ」の衣装。このViViで初めて、メンバーそろっての爽やかなテニス姿が実現した。Nizi Projectでも注目を集めたが、再びラケットを握ったアヤカの勇姿は必見。続く「パジャマ」姿の撮影では、ラスト撮影ということもあり、終始メンバーはリラックスモードに。枕投げに本気すぎたマユカや、メンバーに向かって勢いよくダイブしてたリク、終始ギュッとくっついてラブラブだったニナとリオなど、素の楽しそうな姿がたっぷり見られる。

 そんなパジャマ撮影のクライマックスは、着ぐるみのウサギのサプライズ登場。扉から入ってきたウサギに気づくと、メンバーは「キャー!」と一目散にダッシュし、代わる代わるウサギをハグしたり、撫で回したり。撮影を忘れて大はしゃぎしていた。パジャマ撮影の終了時も、「We NiziU!」のあいさつで終了。一緒にいたウサギにも丁寧に「NiziU」のハンドサインを教えてあげる、最後まで生真面目なリーダー・マコの姿がキャッチされた。

 同号の特別とじこみ付録は、サイン入りピンナップ。通常版は「パジャマ」バージョン、特別版は「テニス」バージョン。さらに、メンバーが自分で書き、シールでデコった「オリジナルプロフ帳」を含む16Pの大ボリュームのカバーストーリーまで、デビュー記念号にふさわしい大ボリュームの内容となった。

 本誌発売を記念し、ViViのウェブサイトでは11日からメンバーが一人ずつ登場する「#まいにちNiziU」がスタートする。