脚本家で俳優の土田英生が、現在放送中の火曜ドラマ『この恋あたためますか』のParaviオリジナルストーリー『その恋もう少しあたためますか』第4話(10日配信)に出演することがわかった。日曜劇場『半沢直樹』では電脳雑伎集団社長・平山一正を演じ存在感を見せたが、今回、コンビニでトラブルを起こす客として脚本も務めている今作に登場する。

【場面カット】一ノ瀬颯との共演シーン

 『この恋あたためますか』は、主人公・井上樹木(森七菜)を取り巻く“四角関係”を描いているが『その恋もう少しあたためますか』は、樹木の親友・スーこと李思涵(り・すーはん/古川琴音)を取り巻く“もう一つの四角関係”を描いている。コンビニ『ココエブリィ』を舞台に、スー、バイト仲間の碓井陸斗(一ノ瀬颯)、店長の上杉和也(飯塚悟志)、そして常連客の石原ゆり子(佐野ひなこ)が繰り広げるラブコメディーだ。

 第4話では石原の発言をきっかけに、陸斗が気になり始めたスー。陸斗をただのバイト仲間だと思い込もうとするばかりに、あえて彼に冷たく当たってしまう。そんななか、客とのトラブルに巻き込まれたスーをかばおうとして、陸斗は客と一触即発の状況に!? そこに偶然来店した石原が慌てて上杉に連絡。勇敢な陸斗の行動、そしてスマートな上杉の対応をそれぞれ目の当たりにしたスーと石原は…。土田演じるコンビニ客のトラブルによって、スーを取り巻く恋の四角関係にも変化が訪れる。