『第33回東京国際映画祭』(TIFF)のクロージングセレモニーが9日、都内で行われ、各賞が発表された。観客賞には女優で創作あーちすと・のん(27)が主演する映画『私をくいとめて』(12月18日公開)が選出された。

【動画】のんが笑顔!橋本愛&林遣都から喜びのコメント

 同作は、のんと橋本愛(24)が2013年に放送されたNHK連続テレビ小説以来、7年ぶりに共演したことでも話題となった。昨年までは3部門でコンペが行われたが、今年はコロナ禍の影響もあったため、観客賞のみに。セレモニーでは都知事賞として麒麟像を大九明子監督が、観客賞のトロフィーをのんが受け取った。

 のんは受賞のスピーチで「ステキな賞をいただき、ありがとうございます。今年は唯一の賞。観客の皆さんに応援いただいたということで、うれしく思っています」と喜ぶ。続けて「私事ではありますが、この作品で何年ぶりかの主演。大九監督に呼んでいただいて、この映画に参加させていただいた。本当に本当に心から喜びでいっぱい」と感慨深げだった。

 大九監督は「このような素晴らしい賞をちょうだいしまして、ありがとうございます。不安な中でチケットを取っていただき、劇場まで足を運んでいただいて、映画をご覧いただいて、かつ点数を入れてくださった貴重な1票が私たちに賞をくださった。いつも以上に感慨ひとしおです」と感謝した。共演者からもメッセージが。橋本は「よき未来を作り上げていくための大きな一歩になったと思います。何より楽しんでいただけたことが心からうれしいです」と喜ぶと、最後は「大九監督とのんさんに本当に『おめでとう』と言いたいです」と結んでいた。

 原作は、『蹴りたい背中』で芥川賞を受賞した綿矢りさ氏の同名小説。のんが演じるみつ子は、独身生活が板についてきた31歳のおひとりさま。彼女がひとりでも楽しく生活できる理由は、脳内に相談役「A」がいること。何かに迷ったとき「A」はいつも正しい答えを導き出す。独身生活が続くと思っていたある日、みつ子は、年下営業マン・多田くん(林)に恋をしてしまう。両思いだと信じて、ひとりの生活に慣れたみつ子は、20代のころのように勇敢になれない自分に戸惑いながら、一歩前へ踏み出していく。