俳優の北村匠海・小松菜奈・吉沢亮がきょうだい役で共演する映画『さくら』(13日公開)から、北村と小松が餃子作りに奮闘するメイキング写真と場面写真が、解禁になった。

【写真】犬の「ちえ」にマイクをむける小松菜奈

 原作は、直木賞作家・西加奈子氏の同名小説で、50万部を突破したベストセラー。5人と1匹の愛犬・さくらが織りなす家族の物語が描かれる。主人公で平凡な次男・薫を北村、破天荒な妹・美貴を小松、ハンサムで人気者の長男・一(はじめ)を吉沢。そして、3人の母を寺島しのぶ、父を永瀬正敏が演じる。

 解禁になったのは、長谷川家のお正月恒例となっている、餃子を家族総出で作るシーン。北村と小松は、実際にどちらがより上手に餃子を包めるか競いながら撮影に臨んでいたという和やかなエピソードも明かしており、映画本編では、お正月に大量の餃子を食べる長谷川家のルールが作られた理由も描かれている。