NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)。8日放送の第31回「逃げよ信長」では、「金ケ崎の退き口」が描かれ、織田信長(染谷将太)、木下藤吉郎/秀吉(佐々木蔵之)、徳川家康(風間俊介)の、いわゆる三英傑が初めて勢揃い(同じシーンに登場)する。

【写真】第31回より。浅井長政に嫁いだ信長の妹・お市(井本彩花) など

 竹千代、松平元康の時代を経て、第31回で初めて“徳川家康”として登場する風間は「いよいよ徳川家康として物語に登場します。とはいえ、まだまだ若造ですが…。しかも今回は、信長様を筆頭に、光秀(長谷川博己)、藤吉郎、松永久秀(吉田鋼太郎)、柴田勝家(安藤政信)という名だたる武将が勢ぞろいします。この顔ぶれは圧巻です!」と、期待感の高まるコメントを寄せている。

 自身の役どころについては「物語の序盤では何者でもない元康が、これから徐々に頭角を現していきます。とはいえ、皆さんが思い描く天下人とはほど遠く、まだまだ家康としては完成していません。名だたる武将の中で、誰が天下を取っていくのかは視聴者の皆さんはすでにご存じですが、登場人物たちはもちろん誰もそのことを知りません。家康についても『まだまだこれから』という風に見えたら良いなと思います」と、語っている。

 第31回は、越前へ向けて出兵を開始した信長が、破竹の勢いで敦賀まで制圧をする。しかし、朝倉義景(ユースケ・サンタマリア)のいる一乗谷まであと一歩に迫った金ヶ崎で、浅井長政(金井浩人)が信長を突然裏切り、背後から迫ってくる。朝倉・浅井に挟まれ絶体絶命の信長軍。このまま前進するという信長を光秀は、「織田信長はいま死んではならない、逃げるべし」と強く説得。それは数万の兵を率いた熾烈な退却戦の始まりだった…。