関西ジャニーズJr.の7人組グループ・なにわ男子が“一流”たるものを身につけるべく、さまざまな業界の“一流のお姉様方”に密着し、彼女たちから生き様、女心を学ぶ、テレビ朝日系冠バラエティー『なにわ男子と一流姉さん』(毎週土曜 後11:30)。7日の放送では、リーダーの大橋和也とメンバー最年少の道枝駿佑が渡辺直美に密着し、「世界で活躍するための3つの極意」を学ぶ。

【写真】渡辺直美のビヨンセ

 渡辺は、インスタグラムのフォロワー数国内最多の「インスタの女王」、芸人としてだけでなく、モデル、女優としても活躍する“一流エンターテイナー”。今回は、アメリカに拠点を移し、また新たなフィールドへと一歩を踏み出そうとしている、まさに渡米直前の渡辺に、大橋と道枝が会いに行った。

 体力づくりのために行なっているトレーニングに一緒にチェレンジしてみたり、渡辺からポイントを直伝された“魅せるダンス”を実践してみたり…と“一流エンターテイナー”である渡辺からあらゆることを学んだ2人。逆に道枝からジャニーズJr.伝統の“ジュニアステップ”を伝授された渡辺は「次のダンスに取り入れてみるね」と約束も。そんな渡辺が2人に語った「世界に出ていくための心構え」とは?

 そして密着のラストには、恒例の“一流姉さん”からの最終テストが。今回の密着で、渡辺から「世界で活躍するための3つの極意」をしっかり学び取ることができていたのか…それをチェックするため、なんと渡辺さながらの「ビヨンセの当て振りダンス」に挑むことに。リーダー・大橋が、衣装も完コピし、渡辺から学んだ“魅せるダンス”を駆使して「ビヨンセの当て振り」にチャレンジ。表情、目線、動き…、大橋は渡辺から合格点をもらうことはできたのか。

【大橋和也のコメント】
 大ちゃん(西畑大吾)が黒柳徹子さんとのロケを終えた後、写真と一緒に「すごい緊張した」って送ってきてくれたんですよ。だから僕らのときももっと緊張するのかなって思っていたんですけど、予想に反していつも通りのテンションでした。そんな雰囲気を作ってくれたのは渡辺直美さんだったのですが、すごくしゃべりやすい“姉さん”でした。放送されていない部分でも直美さんはいろんなことを教えてくれたので、そこで教えてもらったことはしっかりメンバーたちにも伝えていきたいなと思います。

 直美さんがおっしゃっていた「世界に出ていくときは、世界に合わせるのではなく、日本のエンターテインメントを伝えるんだ」という言葉は、ジャニーさんがおっしゃっていたことでもあったので、そこはしっかりと意識をしながらやっていきたいと思います。

 (道枝から「大橋くんが一緒でよかった」と言われ…)僕もみっちーが一緒にいてくれてよかったですよ。僕がやっても普通になってしまうようなことを彼がやったら面白くなるんですよ! みっちー自身も殻を一枚破れたんちゃうかなって思いますし、ファンの皆さんも新しいみっちーを見られると思います。

 ダンスは…キツかったけどロケ全体の自己採点は70点! 本当にいいロケだったのでぜひ楽しみにしていただきたいです!

【道枝駿佑のコメント】
 僕は、ロケすごく緊張しました(笑)。渡辺直美さんにも初めてお会いするわけで、しゃべるのもそんなに得意ではないので…。だから僕一人ではなかなかしゃべれないところを大橋くんがフォローしてくれて、間も開かないようにたくさん話してくれたので、一緒でよかったです(笑)。すごく頼りになりました、珍しく(笑)。

 でも直美さんは本当に明るく気さくに、テレビで見るまんまの雰囲気で僕らにも接してくださったので、うれしかったです。本当に楽しくロケをすることができました。

 直美さんからいただいた「世界進出するときは、世界に寄せず、自分たちのエンターテインメントを大切にする」という言葉は、とても響きました。“ジャニーズ”として世界で勝負していくことが大事なんですよね。“ジャニーズ”というジャンルを貫き通すことが大事だとあらためて感じました。

 後藤さんに「手足が長くて気持ち悪い」と言われたあのダンスが、全国で流れてしまうかと思うと…ちょっと不安です(笑)。何年後かに「テレ朝秘蔵映像」として流れたりもするんでしょうか…。その日があることを信じて頑張っていきます!