俳優の山口大地が、テレビ朝日系で放送中の連続ドラマ『24 JAPAN』(毎週金曜 後11:15~※一部地域を除く)の第6話より、市来三次役で出演するが明らかになった。市来は正体不明の男・神林民三(高橋和也)に付き従う長谷部研矢(上杉柊平)と同じテロリストの一員。誘拐された獅堂実有(桜田ひより)に銃を突き立てる劇中写真も解禁となった。

【写真】第6話から登場するテロリストの一員、市来三次(山口大地)

 山口は、2019年3月に配信された仮面ライダージオウ スピンオフ『RIDER TIME 仮面ライダー龍騎』に木村/仮面ライダーベルデ役で出演後、同年テレビ朝日系で放送された『仮面ライダーゼロワン』にサイバーテロリスト組織・滅亡迅雷 .netの幹部の1人、雷/仮面ライダー雷役で出演。1年以内に別の作品で別の仮面ライダーに出演するライダー史上初の稀有な経験して話題となった。

 近年は、舞台『戦国BASARA 4』への出演をきっかけに、『Fate/Grand Order THE STAGE 神聖円卓領域キャメロット』『ONLY SILVER FISH』『真・三國無双』『宝塚BOYS』などの舞台作品に多数出演。19年夏に配信されたAbemaTV『恋愛ドラマな恋がしたい kiss to survive』でも存在感を示した。

 『24 JAPAN』では、『仮面ライダーゼロワン』の雷とはひと違う、癖のあるヒール役を演じるにあたり、「市来という役は神林率いる組織の構成員なのですが、原作とは少しテイストの違う役どころになっています。最近まで演じていた作品と同じくヒールな立ち位置とはいえ全く違った癖のあるキャラクターなので、物語に苦みを与える存在でありたいです」と、意気込んでいる。

 同ドラマは、米連邦機関CTU (テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた世界的大ヒットシリーズ『24』(邦題『24‐TWENTY FOUR‐ )の、初となる日本版リメイク。オリジナル版のシーズン1をベースに、“日本初の女性総理”誕生への期待が高まる総選挙当日の24時間を克明に描写。唐沢寿明演じる日本版ジャック・バウアー=獅堂現馬が、仲間由紀恵演じる日本初の女性総理候補・朝倉麗の暗殺計画を阻止するという極秘任務に挑む中、現馬の娘・実有の誘拐事件も起きていて…。

■#6「05:00A.M.-06:00A.M.」

 総選挙当日の朝を迎えたが、家族の中に重大な秘密があった事が判明し、揺れる日本初の女性総理候補・朝倉麗(仲間由紀恵)。そんな中、謎の男・神林民三(高橋和也)がテロ対策ユニット「CTU」に勤める獅堂現馬(唐沢寿明)に接触。誘拐した娘・獅堂美有(桜田ひより)の命を盾に、現馬を意のままに操ろうとする。一方、神林が手下に始末を命じた“身元不明の死体”が誰なのか。その驚愕の正体が判明。現馬とその家族は、“さらなる危機”の渦へと飲み込まれていく。