道路交通法違反(ひき逃げ)などの疑いで、先月29日に警視庁に逮捕され、30日に釈放された俳優・伊藤健太郎(23)が主演を予定していた舞台『両国花錦闘士』(12月5日上演・明治座)を降板することが7日、同作の公式サイトで発表された。代役をたてて公演は予定通り上演される。

【写真】涙ぐみながら謝罪した伊藤健太郎

 「出演者降板のお知らせとお詫び」として、「昇龍役として出演を予定しておりました伊藤健太郎は、諸般の事情により、やむを得ず降板する運びとなりました」と報告。「出演を楽しみにされていた皆様には、ご迷惑をおかけし深くお詫び申し上げます」と謝罪した。

 代役やチケットの払い戻しについては、公式サイトやツイッターなどで発表される。同作は12月5日から23日まで明治座、来年1月5日から13日まで大阪・新歌舞伎座で上演される。