俳優の田中圭が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『先生を消す方程式。』(毎週土曜 後11:00~11:30)。“恐怖の進学校教師”と“高IQの生徒たち”がバトルを繰り広げる学園サスペンス、という触れ込みで10月31日にスタートした第1話では、田中演じる主人公の高校教師・義澤経男が3年D組の生徒たちから次々と屈辱を味わされながらも、それを逆手に取って圧倒的な“指導”を行う、という驚愕のストーリーが展開した。

【写真】公式ツイッターの第2話予告編

 そればかりか、義澤を慕う素振りを見せていた副担任の頼田朝日(山田裕貴)が実は、義澤を学校から追い出すよう生徒たちをけしかけていたこと、さらに生徒の中で唯一、義澤の味方と思われていた優等生・藤原刀矢(高橋文哉)こそ、反抗的な生徒たちのリーダーだったことも判明。1ミリたりとも先の予想がつかない状況となっている。

 SNS上では、「義澤の笑顔がしょっぱなから怖かった!」「スピード感も情報量もスゴすぎたし30分間がほんと秒だった」「第1話のラストに衝撃!」「1回目でバラしちゃうんだー! って副担任かーーっ!!!!! ビックリ」「来週が楽しみすぎる! 早く土曜になれ~!」と衝撃の展開にゾクゾクしつつ、次回に期待する声も上がっている。

 また、義澤が強烈な笑顔を浮かべながら口にする「嫌いじゃないです!」や、朝日が興奮しながら放つ「うずくなーーーーー」など、第1話から視聴者の心をザワつかせる“バズりワード”も満載で、「このドラマ、嫌いじゃないです。てか面白い!!」などの書き込みもあった。

 第2話の予告編にも、衝撃シーンがこれでもか登場。朝日が3年D組の生徒・大木薙(森田想)に「刀矢くんたちと友だちでいられなくなるね」と不気味な脅しをかけるシーンのほか、階段の踊り場に倒れこんで動かない義澤の姿に「方程式、完成」の文字が重なる不穏な場面も。

 『M 愛すべき人がいて』(2020年4月クール)を手掛けた鈴木おさむ氏によるオリジナル脚本なだけに、第2話もジェットコースターのようなハイスピードで物語が進行。序盤で主人公が死んでしまう掟破りの展開はあるのか? さらに、番組公式インスタグラムや公式ツイッターで公開された第2話予告編では、またも怪しげな暗号が登場。

 第1話の予告編でもラストに『40←104←264←338←11Q2』という謎の数字と源頼朝の肖像画が表示され、SNSでは「11Q2って鎌倉幕府?」などと“考察”で盛り上がっていたが、第2話の予告編のラストには、『野+樋+福=16000 福+首=12000 野+野+平等=?』という新たな暗号に白拍子らしき女性のシルエットが出現する。

 早くも第2話で方程式が完成し、義澤が“消されて”しまうのか!? そして、その実行犯は、薙なのか!? 予告編の謎の数字も第2話を見れば解くことができるのか!? 今夜も何か起こりそうだ。