森高千里が6日、東京・Zepp DiverCityで自身の2度目となるオンラインライブ『森高千里ライブ2020 ~音楽評論家・小貫信昭が選ぶ “深淵なる名曲” ベスト20』を開催した。前回は無観客だったが、今回は今年初の有観客およびバンド編成で行われた。

【ライブ写真】ファンクラブの中から抽選で65人が会場で観覧

 ファンクラブ会員の中から抽選で65人の観客を入れ、昨年12月21日のツアーファイナル以来となるバンド編成で行われたライブは、音楽評論家の小貫氏が選曲理由を紹介しながら進行。森高のライブでは珍しいカバー曲として、少年ナイフの「バナナチップス」、ねごとの「sharp#」を歌唱したほか、レアな楽曲やライブ鉄板曲まで全20曲を歌った。

 森高は「コンサートではなかなか披露していなかった曲などもあり、私自身思いもよらなかった曲や改めて良い曲だなと気づいた曲もありました。前回の無観客でのオンラインライブも楽しかったですが、皆さんが客席にいてくださるのは全然違うなと思いましたし、バンドのメンバーとも久しぶりにこうやってステージに立てたことがすごくうれしいです」と喜びをかみしめ、「1日でも早くいつも通りのライブができるようになれればいいなと思います。応援してくださる皆様に楽しんでいただけることを全力で発信していきたいです」と伝えた。

 このライブの模様は、GYAO!、ローチケLIVEで今月12日午後11時59分まで配信中。視聴チケットの販売は12日午後1時まで。