映画『空に住む』の公開記念トークイベントが9日、都内で行われ、同作のメガホンをとった青山真治監督、青山監督と長きにわたる交流があり、現在公開中の映画『スパイの妻』の黒沢清監督によるトークが展開された。

【写真】多部未華子の演技力に賛辞を贈った黒沢清監督

 『空に住む』は、作詞家・小竹正人氏が手がけた同名の小説がストーリーの原点。両親が急死し孤独を抱える、多部未華子演じる主人公・直実が、おじ夫婦の計らいで大都会を見下ろすタワーマンションの高層階に住むことになり、同じマンションに住むスター俳優・時戸森則(岩田剛典)と出会う。彼との夢のような逢瀬におぼれながら、仕事、人生、愛の狭間で揺れ続ける彼女は、見失った自分を取り戻すことができるのか。

 上映後のイベントとなったが、黒沢監督は「みなさんがどう思われたかわかりませんし、宣伝のことを考えずに言います。傑作だと思いました。多部未華子さんが本当に鬼気迫る感じでしたし、一見今どきの首都圏のおしゃれな生活を描いているようで、狂気というか孤独というかを描いていて。多部さんの声がまろやかで、でもある種の緊張感も漂っていましたね」と賛辞。

 青山監督は、黒沢監督のもとで助監督を務めていた時のエピソードとして「ほかの助監督と、小津安二郎の晩年の作品である『小早川家の秋』の話をしていたら、黒沢さんが『ちょっといいかな』って話に入ってきまして『関西の人は“こばやかわ”ではなくて“こはやがわ”って言うんだよ』っておっしゃっていたことがあったんです」と回顧。「今回の作品で、小早川という名前の人物が出てくるのですが(出演者の)岩下(尚史)さんから『こはやがわって言ってもいい?』って聞かれた時に、我が意を得たりと思いましたね」と笑顔を見せた。

 『スパイの妻』の撮影中の秘話については、黒沢監督が「NHKの人たちと初めて仕事をしました。映画と、NHKのドラマ作りのシステムが割と食い違っているところがあったので、わかってはいたんですけど、戸惑ったところはありました。ちょうど『いだてん』を撮っていて、こちらのロケハンが始まっても、NHKの人ですから、自分たちの都合で『きょうは、こっちのロケハンに行く』とかも簡単にはできなくて、こちらに誰も来てないということもあったりしましたね。でも、ひとたびやりだすと、まったくいつもと変わらないといいますか、こうしたいと言うと、熱心に一生懸命に実現してくれました」と振り返っていた。