俳優の佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊が9日、都内で行われた映画『サイレント・トーキョー』(12月4日公開)の点灯式イベントに登場。点灯式イベントは初参加で、東京タワーをクリスマスカラーにライトアップする大役を任された佐藤は「僕がいて邪魔なカメラマンの方いる? 大丈夫?」とイベントの主役である東京タワーを撮影する報道陣を気遣った。

【動画】佐藤浩市、石田ゆり子、西島秀俊が5大都市のタワーを点灯!

 この日のイベントは、映画の舞台のひとつである“東京タワー”をバックに屋外で行われ、佐藤、石田、西島が登壇。さっぽろテレビ塔(札幌)、名古屋テレビ塔(名古屋)、京都タワー(京都)、博多ポートタワー(福岡)を巨大LEDパネルにリモート中継で映し出し、史上初となる5都市のタワーをリモートジャックして、それぞれカウントダウンにあわせて点灯式を行った。

 緊張しながら東京タワーを点灯させた佐藤は、終えた感想として「不思議な気分ですよ。60年東京に住んでいて、小さいころから東京タワーを見ているわけじゃないですか」としみじみと語り、それをまさか点灯する日が来るとは思いもしなかったので…」と驚いていた。

 京都タワー、博多ポートタワーを点灯させた石田は「リモートとは言え、責任重大だなと思っていたので、無事に点いてうれしいです」と安堵。さっぽろテレビ塔、名古屋テレビ塔を点灯させた西島は「クリスマスがもうすぐ来ることを実感しました。離れていてもこうしてみなさんと共有できたことは、うれしいです」と笑顔を見せた。

 同作の舞台はクリスマス・イブの東京。突如勃発した連続爆破テロ事件でパニックに陥り、事件に巻き込まれていく登場人物たちの思惑が交錯するサスペンスストーリーで、事件を起こすもの、事件に翻ろうされるもの、それぞれの視点が99分ノンストップで切り替わり展開される群青劇で描かれる。