お笑い芸人のビビる大木が3日に、東京・有楽町のニッポン放送ラジオブースで芸能生活丸25年記念トークライブ配信『祝25年 第1回ビビる大木ジャンボリー』を開催。自身の芸能生活を年表とトークで振り返っていくコーナー、豪華ゲストの登場など、盛りだくさんの内容で3時間半のライブを盛り上げた。

【イベント写真】大木の自分史、豪華ゲストなどが次々登場

 トークライブは『進め!電波少年』『笑う犬の冒険』『トリビアの泉』など、数々のバラエティー番組に出演してきた大木が、25年の芸能生活をまとめた年表を元に振り返りながら、当時の裏話や知られざる逸話を語り尽くす内容。貴重なコンビ時代のネタ「水くれよ」をはじめ、当時の映像が公開され、自身の芸風を決めた大けがの秘話などが語られた。

 『笑う犬の冒険』(フジテレビ系)時代のエピソードでは「『笑う犬』はね…大変でした。この頃は一番の新人だったから、今じゃ考えられないけど、お昼に(スタジオに)入って、翌朝の5時~6時まで収録するっていう感じで、全力で笑いを生むし、現場もピリピリしていて、戦場だっていうことを学んだね」としみじみ。

 続けて「貴重だったのは『笑う犬』を撮影していると、となりのスタジオでとんねるずさんが『みなさん』の収録をやっていて、ときどき貴さん(石橋貴明)が『何やってんの?』って入ってきたりすることもあってね。そこで、内村(光良)さんと貴さんが『どうやって作っているの』ってコント談義をするわけですよ。今度は、僕たちが貴さんの楽屋にあいさつに行った時には『きょう、ホリケンいるの? (原田)泰造は?』『ワタナベばっかじゃん』とか言ってくれたりね…。そういう光景を見ていても出ていても楽しい現場でしたね」と明かした。

 その後は、大木の25年を祝うべく豪華ゲストが登場。お酒一切なしのホームパーティを開く、芸能界一の草食系軍団「天野会」から天野ひろゆき(キャイ~ン)、井森美幸、矢部太郎(カラテカ)に加えて、妻のAKINAが登場。大木と夫婦初共演を果たした。貴重な2ショット実現で、天野から結婚までのなれそめについて向けられたAKINAは、天野会の中で大木と結婚するかもしれないと感じた瞬間があったと告白。となりで大木は恥ずかしそうに聞きながら、当時の心境やエピソードを語った。

 その後、“広い意味での”「同世代芸人」として有吉弘行、中京テレビの情報バラエティー『前略、大徳さん』(現在は『前略、大とくさん』)で長年共演してきた徳井義実(チュートリアル)が生登場。有吉と徳井をゲストに迎えて「きょうくらいはビビる大木を褒めてよ」とのコーナーを実施。有吉が「同世代の中で、一番大人の仕事をしていたからさ。いつも半歩先を行っている気がするよ。プロレスができる、お笑いができるのは大木だなって思っているの」と切り出し、賛辞を送る展開に、大木は「アリ(有吉の愛称)は、何を企んでいるの?」と疑心暗鬼に。徳井が「場の自分のわきまえ力がすごいですよね」と話し、その後は“ほぼ同期”の3人で仕事論を展開していった。

 その後、堀内健(ネプチューン)もなだれ込み、4人での豪華トークが実現。有吉と徳井の出演パートが終了すると、大木と堀内によるトークとなったが、ラジオブースの電話が急に鳴り響き、大木が取ると、松任谷由実が「25周年おめでとう。一応おめでたいですから」と電話で生祝福。大木が「まさかサプライズテレフォンでユーミン先輩から」と驚きを語る中、ユーミンは大木との出会いについて「ニッポン放送の番組に来てくれて、まだコンビだったよね。ホリケンだって、ネプチューンで来てくれたよね」と明かすと、その後は堀内が繰り出す“ななめ上の質問”に、ユーミンがしっかり答える流れとなり、大木がたまらず「もう、わかりましたから…」と嘆くなど、貴重な時間が続いた。

 チケットは、ZAIKOで6日の午後7時まで発売。アーカイブ視聴は6日までとなっている。