女優の吉岡里帆が8日、2年ぶりの写真集『里帆採取 by Asami Kiyokawa』(集英社)刊行記念オンラインサイン会前のオンライ取材に出席した。

【動画】こだわりのボディメイクについて語った吉岡里帆

 今作のプロデュースはアーティストの清川あさみ氏。シチュエーション設定、絵コンテ、衣装監修に至るまで、作品全体のクリエイティブディレクションを担当し、「ファッション」「本質」「舞台」「水」などさまざまな切り口で、女優として、女性としての吉岡の魅力を「採取」、表現した。

 ファースト写真集『so long』を経て再び写真集を出版するに至った経緯について、当初は「前回、全ての思いをぶつける気持ちで撮っていたので、セカンドをやろうっていう気持ちがなかった」そうだが、清川氏との仕事を通じ、思いが変化していったという。「今しかでしかできない写真を紙で残すことに意味がある」という清川氏の言葉に「ネットでも見られる時代だからこそ、一冊の本として残る写真集を、信頼できる人たちと作ってみたいと思った」と背中を押されたことを明かした。

 今回は熊谷貫氏と三瓶康友氏、2人のカメラマンを起用し異なる角度から自身の新たな魅力を引き出してもらったと話す。

 熊谷氏については「私がグラビアをやり始めた頃からずっと撮ってくださっている。グラビアについてたくさん話し合ってきて、信頼している方。グラビアって、その人の人間性が出る瞬間が特に面白いと感じているので、そういうものを一緒に見つけてくださる方」と紹介。また、三瓶氏については「(吉岡が)ファッション誌に出だしたばかりの頃に撮っていただいた方。ファッションについて固く考えていた時に、抜け感を持って取り組めると教えてくれた。女の子の好きな“カワイイ”をくすぐってくる方です」とそれぞれ絶賛した。

 また、今作でのボディメイクに関して問われると「肌質を大事にしたかったので、あまり痩せすぎないようにした。ウエイト系はランニングやストレッチをこまめにしてボディメイクしました」と健康的な肌を第一に考えたと話していた。

 自身のインスタグラムでも「グラビアにもう一度真正面から向き合ってみました!」と今作に込めた思いがつづられていたが、「初めてグラビアを撮影したときの緊張感にプラスして、いろんな仕事を経験してきたなかで、人と一緒に作り上げていくことへの意識がすごく強くなってきている。グラビアの本質的な面白さ、愛おしい部分、グラビアでしかできないことが明確にあると思えたので、そういったものが出せている」と完成した一冊に改めて自信を見せいた。