俳優の小栗旬主演で、三谷幸喜氏が3作目のNHK大河ドラマを手掛ける2022年『鎌倉殿の13人』が6日、ツイッターに公式アカウントを開設した。初投稿の画像には「1116~1120」の謎の数字が書かれている。

【写真】謎の文字が書かれた初投稿

 「鎌倉殿」とは、鎌倉幕府の将軍のこと。幕府を開いた初代将軍・源頼朝が亡くなった後、2代目の将軍・頼家の暴走を止めるために、13人の家臣たちが集まり、合議制で政を行う取り決めをする。タイトルはこの「13人」を指している。

 三谷氏は制作発表会見で「13人の名前をご存じの方はおそらくほとんどいないでしょうが、このドラマが2022年にオンエアされて、その年の暮れぐらいになると、もう日本中の皆さんが13人全員の名前を言えるようになると確信しております」とコメント。この13人が勢力争いの中で次々と脱落していくなか、最後に残るのが北条義時(源頼朝の正室・北条政子の弟)だ。