女優の柴咲コウが主演する日本テレビ系連続ドラマ『35歳の少女』(毎週土曜 後10:00)。7日放送の第5話では、実年齢は35歳ながら心は10歳だった主人公・望美(柴咲)が急速な成長を見せる。まるで思春期のような望美は同級生・結人に恋心を抱き、その思いをストレートに表現する望美に結人(坂口健太郎)は困惑する。

【写真】思春期から家出を試みる望美(柴咲コウ)

 望美はすでに子供時代を懐かしく感じ始めていた。母・多恵(鈴木保奈美)は思春期のような望美と、家庭教師に訪れる結人の関係を不安げに見守る。25年もの間、望美を1人で孤独に看病し続けた多恵にとって、望美の恋心は心配の種でしかない。子供の成長は、「うれしいが寂しい」という微妙な親心を鈴木が繊細に表現している。

 一方、第5話では結人への気持ちが募る望美が、心配する多恵に“もう結人と付き合っている”とフライング交際宣言。その一方で、結人が過去のトラウマから教師に戻りたい気持ちをごまかしていると感じる。恋人代行に向かう結人が気になり後を尾けると、その相手は妹の愛美(橋本愛)だった。

 第1話では“35歳の少女”望美の姿がおおいに話題を呼んだが「成長するね」と自分で決意した言葉の通り、これまでさまざまな経験を積み重ね、前回第4話では、中学生のセーラー服を披露。しかしその一方で、家族と衝突したり、“パパ活”に巻き込まれたりと、成長する辛さも身をもって知っていく。

 だが、心配する多恵をよそに、親の束縛があればあるほど、子供が暴走するのは望美も例外ではなく、母の気持ちが理解できず苦しむ。そして望美は“大人”とはどうあるべきなのかに迷いながら、遂に家を出てしまう。