人気グループ・V6の井ノ原快彦(44)、なにわ男子の道枝駿佑(18)が7日、都内で行われた映画『461個のおべんとう』の公開記念舞台あいさつに出席。井ノ原は「無事に初日を迎えることができました。キャスト、スタッフの皆さんと力を合わせて作り上げた作品です」と胸を張ると、満席の劇場を眺めて「とてもうれしい。やっとみんなが集まれる時期が来たという喜びがあります」と笑顔を浮かべた。

【写真】お互いに感謝を伝え合う井ノ原快彦&道枝駿佑

 本作は渡辺俊美氏による感動のお弁当エッセイ『461個の弁当は、親父と息子の男の約束。』(マガジンハウス刊)を映画化。妻と別れ、息子である虹輝(道枝)と2人で暮らすことになった一樹(井ノ原)。虹輝の要望で毎日お弁当を作ることになり、親子は大切な約束を交わす。高校3年間、『お弁当を作る』『休まずに学校へ行く』――。2人は親子の絆を、お弁当を通して紡いでいく。

 撮影現場では“タメ口協定”を結ぶなど、本物の親子のような距離感まで意気投合した2人。最後には井ノ原宛の手紙を用意していた道枝が、直前までサプライズの存在を忘れる“天然ボケ”もありながら、撮影時の思い出話や感謝をつづった手紙で思いを伝えた。

 道枝の「パパの背中を見て、僕も少しは成長できたかな? もしこれから20年後、30年後、父親役を演じる作品に出会えた時は、パパの背中を思い出して、この経験を生かして、頑張るから。その時は僕も“タメ口協定”を結ぶね! ありがとう、パパ。そして、ありがとうございます、井ノ原さん」という言葉に、井ノ原は「いや~、いいですね。うれしい」と瞳をうるませた。

 続けて井ノ原は「クランクアップする時は、自分の息子を引き離されるような気持ちになりました。それは君の頑張りだと思うし、支えてくれたみんなのおかげだと思ってます」としみじみ話すと、「後輩ですし、息子役だけど、僕は君を尊敬しています。本当にありがとう」と語りかけていた。

 舞台あいさつにはそのほか、森七菜(19)、映美くらら(41)、阿部純子(27)、兼重淳監督(53)が出席した。