歌手のMISIAが5日、東京・丸ビルで行われた丸の内エリア『Marunouchi Bright Christmas 2020 ~LOVE & WISHES~』クリスマスツリー点灯式に登壇。23日放送のニッポン放送『MISIAのオールナイトニッポンGOLD』(後10:00)の収録も合わせて、華やかに行われた。

【写真】ポニーとのツーショットで”幸せなクリスマス”を願ったMISIA

 MISIAが障害者馬術を支援していることにちなみ、ポニーのレイナちゃんと、国際的なスポーツ組織スペシャルオリンピックス日本の所属選手で、馬術競技に参加する中村英暉、福村真央の両選手が登壇。馬術の魅力やスペシャルオリンピックスの活動についてトークを展開した。

 今年は『LOVE & WISHES』をテーマに、かけがえのない地球への感謝と大切な人を想う気持ちを込めて『愛』と『希望』にあふれるクリスマス装飾を展開する。メイン会場となるマルキューブでは、動植物をモチーフとした高さ10メートルのツリーが登場。MISIAのコラボレーション楽曲「Gloria-gloria evolution-」の壮大な歌声に合わせて彩りが変化するライティングショーもお披露目となった。

 点灯スイッチを押し、その場のロマンティックな空間を堪能したMISIAは「くるくる回りそうなクリスマスツリー。日差しがあたってもすてきそう。ふとした時に見たいですね」と日中の姿にも想像を巡らせた。12月25日までの期間中、午後5時から15分毎に、MISIAの楽曲を使用した約5分のライティングショーを実施する。