女優の山口紗弥加が主演する、ドラマパラビ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(18日スタート、毎週水曜 深0:58)のゲスト出演者が一挙発表された。主人公・チアキ(山口)と“マッチ”する年下イケメン男子として、稲葉友、塩野瑛久、本田響矢、福山翔大が出演する。

【写真】“大人カワイイ”チアキのデートファッション

 同ドラマは、38歳バツイチ独身のチアキが、友人の勧めで始めた「マッチングアプリ」にどっぷりとハマってしまう…原作者のまさかの実体験をもとに描かれた”超現代型”ラブコメディー。
 
 稲葉が演じるのは、口は悪いけれどどこか憎めないベンチャー企業勤務の〈ベンチャーくん〉。「チアキさんが男性たちとの出会いをキッカケに、自分の中の新しい扉を次々と開いていく姿がとても人間らしくて愛おしい作品です。僕が演じたベンチャーくんという男はチアキさんとどう関わってどう影響していくのか、注目していただけたらうれしいです」と、コメント。

 塩野は、甘い言葉でチアキをとろけさせる売れっ子モデルの〈ロミオくん〉を演じる。「とにかく放送が楽しみなドラマです。内容が濃厚で、実はめちゃくちゃ感動してしまう作品だと僕は思っています。僕はロミオという役を演じますが、このために初めて全身の毛を無くしました」と、明かしている。

 本田は、下心なく純粋にデートを楽しむ役者の卵〈役者くん〉役。「台本を読んで、現代だからこそできる"マッチングアプリ"を使った男女の出会い、そして恋模様が美しくもリアルに描かれている、そんなドラマだと思いました。是非、キュンキュン楽しみながら観ていただけたらうれしいです!!」と、アピール。

 そして、チアキがマッチングアプリにハマってしまうきっかけとなった広告代理店勤務の〈代理店くん〉を演じる福山は、「今や出会いの主流ツールとなったマッチングアプリの世界が描かれています。私が演じた代理店くんは、一見包容力もあって余裕のある真面目な男性ですが、恋愛になると違った一面をみせていきます。
ほかにも数々の男性が登場し、違ったアプローチで山口紗弥加さん演じるチアキに接近していきます。イマドキの恋愛観と交わっていくチアキがとてもパワフルでチャーミングなところも魅力的です。酒井麻衣監督が創るエモーショナルで上品かつポップな世界観も楽しんでいただきたいです」と、見どころを語っている。

 このほか、前原滉、世古口凌、小林亮太、鈴木康介、富田健太郎、弓削智久、當間ローズ、財木琢磨、沼口拓樹、澤井一希も出演。アラフォーながら年下男子たちとデートを繰り返し、「イマドキの恋愛観」にギャップを感じながらもどんどんマッチングアプリにハマっていくチアキの変化、ドキドキの恋愛模様を彩っていく。