NEWSの加藤シゲアキが、NHK総合の土曜ドラマ枠(土曜 後9:00)で来年2月6日にスタートする『六畳間のピアノマン』(全4回)の第1回に出演することが発表された。同ドラマは、安藤祐介氏の『六畳間のピアノマン(改題:逃げ出せなかった君へ)』(KADOKAWA)が原作。

【写真】第2回以降のメイン出演者

 ビリー・ジョエルの名曲「ピアノ・マン」の舞台は名もなき人々が集まるピアノバー。「今夜はメロディーが欲しい気分。ピアノ・マン、君が僕たちを元気づけてくれ」という、客たちの唱和を思わせる歌詞で知られる。そんな「ピアノ・マン」を「六畳間のピアノマン」を名乗って歌い、動画サイトに投稿していた青年がいた。その動画をめぐる4つの物語を、加藤のほか、段田安則、原田泰造、南沙良がつないでいく。

 第1回で、加藤が演じるのは、ピアノマンこと夏野誠(古舘佑太郎)の元同僚・村沢憲治。パワハラを受けていた誠が交通事故で亡くなってから8年、人との関わりを避けるように生きてきた。派遣先の職場で、再びパワハラを目にした村沢は、動けなかったかつての自分との葛藤に苦しむが…、という物語。

 加藤は「台本を読んで、人の弱さと強さを同時に感じました。本作を見てくれた方が、ほんの少しでも前に進む力を受け取ってもらえるよう、村沢という男を演じたいと思います」とコメントを寄せている。

 第2回は、段田が演じる夏野泰造がメインの物語。誠の父で、妻亡きあと男手ひとつで育てた息子を交通事故で失った。8年後、孤独に定年退職を迎えた泰造の前に、息子にパワハラをしていた元上司・上河内(原田)が現れる。動揺する泰造。しかし、思いがけない若者たちとの出会いによって、動画「六畳間のピアノマン」を知ることに。

 第3回は、原田が演じる誠の元上司・上河内がメイン。パワハラが問題になり、会社を追われた。頼るところのない彼が出会ったのは、こども食堂をきりまわす芳江(麻生祐未)と2人の幼い兄弟。そして誠が残した「六畳間のピアノマン」は、なんと上河内の行く末をも照らしはじめるのだった。

 最終回の第4回は、南が演じる女子高校生・有村美咲の物語。地下アイドルの顔を持つ一方、本当に自分の好きな音楽を追求したいと一人、作詞作曲をしている。アイドルの活動や将来のことなど、悩んだときには「六畳間のピアノマン」の動画を見て励まされていたが、ある日美咲のコメントに、思いがけずリプライが…。

 南は「前の3回から続く流れが途切れないように頑張ります。どこかで誰かと繋がることで生まれる奇跡の素晴らしさを感じていただけるよう、撮影に臨んでいきます」と話している。