女優の小川紗良、本広克行監督が6日、都内で行われた映画『ビューティフルドリーマー』の初日舞台あいさつに出席。駆けつけたファンに向けて、小川は「こうやって映画館に来ていただいて、ありがとうございます。満席の状態で迎えられたことがうれしい」と笑顔を浮かべた。

【写真】藤谷理子、神尾楓珠らとともに登場した小川紗良

 撮影秘話に花を咲かせた小川は「現場で仲良くなりすぎて、みんなでトランプやワードウルフでずっと盛り上がっていた。その時間がエチュード芝居のけいこになってました」と振り返りながら「撮影時はコロナになる前だったので、みんなの距離が近くてギュッとしていた。その空気感を楽しんでもらえたら」と呼びかけた。

 本作は、日本映画界の監督による野心的な企画と若い才能たちのケミストリーで創造する新レーベル「シネマラボ」の第1弾作品。映画を撮影したことのない先勝美術大学映画研究会の部員たちが「これを撮ろうとすると必ず何か恐ろしいことが起こる台本」という“いわくつきの台本”の映画化を試みるが、部員たちに予期せぬ困難やトラブルが…。映画という“夢”を作るため、すべてをかける青春模様が描かれる。

 舞台あいさつにはそのほか、藤谷理子、神尾楓珠、内田倭史、ヒロシエリ、森田甘路、池田純矢が出席。メガホンをとった本広監督は「これから皆さん、羽ばたいていくと思います。僕の作品、全てからスターが生まれています。ここから誰が出てくるのか、楽しみにしています」と激励していた。