俳優・玉木宏が主演する読売テレビ・日本テレビ系連続ドラマ『極主夫道』(毎週日曜 後10:30)。原作でも描かれていない、玉木演じる元極道で今は専業主夫の龍と川口春奈演じる妻・美久の出会いが描かれる第5話(8日放送)では、知られざる2人の結婚秘話が明らかに。このほど、これまでの龍と美久の“極きゅん”な胸きゅんシーンをまとめた動画が、日テレ公式YouTubeチャンネルにて公開された。

【動画】龍と美久の胸きゅんシーン振り返り動画

 毎週、龍ワールド全開で、町内会のメンバーや昔の仲間、時には警官さえも巻き込んで、物語が進行中。不死身の龍と恐れられた極道が足を洗い、愛する妻のため、家族のため、専業主夫として日々、奮闘してきた。だが第4話では、龍が美久の忘れ物を職場に届けたことで騒ぎになってしまい、けんかをして、すれ違ってしまう。

 龍は美久の職場に愛情いっぱいの手作りのから揚げ弁当を届けるが、龍は美久の上司から「美久の将来を考えるなら美久のそばにいないほうがいい」と言われ、言葉を失う。途方に暮れ歩いている中、龍は交通事故にあってしまい、みんなの前から姿を消してしまう…。

 怒とうの展開で、まさにセミファイナルとなる第5話を前にした今回のまとめ動画では、『美久のラリアット』『美久特製ナポリタンは大人の味』『どえらいブツ ランブータン』『龍の愛夫弁当』など第1話から4話までの2人の“愛の軌跡”(?)はもちろん、龍と美久の夫婦の結婚秘話初出し映像も解禁されている。