女優の伊藤沙莉、お笑いコンビ・コロコロチキチキペッパーズのナダルが、6日放送のフジテレビ系バラエティー『全力!脱力タイムズ』(毎週金曜 後11:00)に出演。オープニングでは、ナダルの大ファンの伊藤が、ナダルのギャグをもとに考案したというリズムゲーム「イっちゃってる・イっちゃってないゲーム」を、出演者全員で実践してみることに。ナダルが答える側になり、「焼肉屋さん」→「イっちゃってない!」、「居酒屋」→「イっちゃってない!」と、テンポよく答えていくが、ナダルが早くも窮地に立たされる。

【動画】『小さなバイキング ビッケ』本編映像

 特集のテーマは、「ニッポンの現代社会で問われる“教える力”」。新型コロナウイルスの影響で、急速に普及しつつあるリモートワーク。通勤や残業の時間削減、生産性の向上といったメリットが注目されるが、その一方で今、リモートでの人材育成に難しさを感じる企業が増えているという。そこで今回は、教育のプロでもある番組解説員の齋藤孝氏が、リモートでも人材を育てることのできる“教える力”を徹底解説。“教える力”を身につけるには「子どもに難しいことを解説する」ことが有効なトレーニングになるという齋藤氏の提案により、伊藤とナダルが、小学校の授業さながらに、教室に集まった子どもたちの質問に答える。

 まずは、「どうすれば夢はかなうの?」という質問に、伊藤が答えることに。自身の体験談を交えてわかりやすく、そしてやさしく、夢を持つことの大切さを子どもたちに説いて聞かせる伊藤の“教える力”に、齋藤氏をはじめ、出演者一同は感心しきり。続いて、「オリンピックは本当にあるの?」との質問に答えるべく、ナダルが教室へと向かうも、やたらとオリンピック事情に詳しい子どもたちの質問攻めにあい、ナダルは半ば逆ギレ状態になる。

 収録を終えた伊藤がコメントを寄せた。

――『脱力タイムズ』には2回目の出演となりましたが?

前回の方が、笑いをこらえていた気がしますね。今回はもう面白すぎて、ほぼ普通に笑っていましたから(笑)。ただただ、楽しませていただきました。イっちゃってる・イっちゃってないゲームも、シンプルに楽しかったです(笑)。

――伊藤さんの“授業”は感動的でした。有田哲平さんも「ちょっと泣きそうになった」と話していましたが?

いやいや、そんな…。ただ私としては、ひとつだけ意識したことがあって。実はあのとき、カンペを用意していただいていたんですけど、それは絶対に見ないようにしたんですよ、謎のプライドで(笑)。でも途中、言葉をひねり出そうとするあまり、ひとりの女の子をじーっと見つめちゃう瞬間があって、その子が少しおびえたような顔をしていて…。それは申し訳なかったなと反省しています(笑)。やっぱり、子どもに語りかけるのって難しいんだなと改めて思いましたね。

――共演したナダルさんの印象は?

今回初めてお会いしましたが、私、ナダルさんって…もっとヤバい人だと思っていたんですよ(笑)。あいさつをしても、かわいくてスタイルのいい女優さんじゃないと、目も合わせてくれないんじゃないかな、とか(笑)。でも、実際はものすごく腰の低い方で。本番前、わざわざ私の楽屋まであいさつに来てくださったので、“え~!?”ってなりました。“いい人だったんだ!”って。テレビから受けるイメージって怖いなって、つくづく思いましたね(笑)。

――いい意味で、だいぶ印象が変わったわけですね。

そうです、そうです。ただ、テンパると、暴言を吐いちゃったり、ウソをついちゃったりするところも本当だったんだって(笑)。だからきっと、追い詰めなければ、いい人なんだろうなって思います(笑)。

――では、有田さんの印象は?

今回、3~4年ぶりにご一緒させていただいたんですけど、ずっと印象は変わらないですね。くりぃむしちゅーさんは、お2人ともそうなんですけど、やさしくて、懐が深い感じがするんです。かといって、過保護な感じでもないし。バラエティーの現場で何かを振るときも、“何となくで返してくれればいいよ”みたいな雰囲気で振ってくださるので、安心感があるんですよね。

――今回の見どころを教えてください。

とにかく、“これぞナダル”っていう回になっていると思います。“ナダルさん劇場”ですね(笑)。あと、私がこんなことを言うのも申し訳ないんですけど、意外と今回は“作品”になっているんじゃないかと思うんです。笑って、泣いて…って、別に泣くところはないけど(笑)、人間の深~い部分が見られる回になっていると思うので、ぜひご覧いただきたいです。